第3編 その1

青島都市形成 年表

(一部訂正・追補)
  2012年 7月20日
  2013年11月16日 
  2016年 1月20日

                      青島 都市形成 年表



 青島が外国の租借・占領あるいは外国の影響下にあった期間は1897年(明治30年)から1945年(昭和20年)までの49年であった。国別に見た青島統治への関わりは次の通りである。
   
         独逸        1897~1914    約 18年間
         日本(第1次)    1915~1922    約 8年間
         中国北洋政府    1923~1929    約 7年間
         中国国民政府    1930~1937    約 8年間
         日本(第2次)    1938~1945    約 8年間

 1922年、日本はワシントン条約に基づき、日本が青島に対して有していた租借権を中国に返還したが、その際、中国政府との細目協定により、日本は青島及び山東に対して相当の権益を保有した。中国政府の主権下にあった15年間、青島及び山東省内において、この協定権益の下に日本の民間資本による経済活動が活発に行われた。この間、中国人労働者によるストライキは何度かあったが、青島市内では一般民間日本人が治安面で不安を感じたことは殆どなかったことを付記しておく。

 (この年表に取り上げた各項目は我々が適宜に選択したもの、またその年次は正確を期したつもりではあるが誤り無しとしな  い。お気づきの点があればご叱正を乞う。)



                    青島都市形成 年表


    1897 (M30)   ・独逸海軍陸戦隊、演習目的で青島上陸、青島占領

    1898 (M31)    ・独逸と清国間に「膠澳租借条約」締結
              ・独逸、青島を自由港宣言
              ・砲台、新市街建設起工

    1899 (M32)   ・膠済鉄道、青島より起工、ハインリッヒ独皇太子が起工式に臨席。
               ・イルチス兵舎完工

    1900 (M33)   ・小青島(旧加藤島)灯台完工

    1901 (M34)   ・小港(Kleiner Hafen)完工
              ・膠澳郵便局完成(広西路)
              ・大港(Grosser Hafen) 起工
              ・下水道工事起工
              ・膠済鉄道 膠州まで開通

    1902 (M35)   ・水師飯店 [Seemannshaus] 完工 (後日本人居留民団施設)
              ・膠済鉄道 維坊まで開通

    1903 (M36)    ・ビスマルク兵舎(現青島海洋大学)完工  
              ・独逸青島ビール工場完工
              ・匯泉海岸(忠の海)海水浴場開始


    1904 (M37)   ・膠済鉄道(青島~済南)全線開通
              ・青島駅舎完成
              ・青島野戦病院(後に総督府病院)完工
              ・ストランド・ホテル(現匯泉酒家)完工

    1905 (M38)   ・独逸膠澳警察署完工(現青島市公安局)
              ・獨逸総督府学校(後の青島第二小学校)完工
              ・Apotheke(薬屋:廣西路赤煉瓦館)完工

    1906 (M39)   ・独膠澳総督府(現青島市人民政府)完工
              ・独逸総督官邸(迎賓館)完工
              ・大港完工
              ・台西鎮 屠殺場完工
              ・徳華銀行(旧日本総領事館)完工
              ・海浜総督別墅(現花石楼)完工

    1907 (M40)   ・プリンツ・ハインリッヒホテル完工

    1908 (M41)   ・基督教福音教会堂(時計台)完工

    1909 (M42)   ・徳華特別高等学堂完工
              ・信号山上に海軍無線電信局開設

    1912 (T 1)   ・独膠澳観象台(測候所)完工

    1913 (T 2)   ・日本人小学校開校 (西本願寺開校)
              ・貯水山(若鶴山)に貯水池完工

    1914 (T 3)   ・第一次世界大戦勃発
             ・日英軍が青島独逸軍を攻略し、独逸軍降伏
             ・日本が青島の軍政を開始した。
             ・日本商業無線通信局開設

    1915 (T 4)   ・青島日本小学校(後に第二小学校)開校(元独逸総督府学校校舎)
             ・青島~神戸間 海上航路開始
             ・独逸総督府病院を一般開放 (翌年青島病院と改称)
             ・青島海友会設立 (後に青島海事協会に改組)

    1916 (T 5)   ・青島英学院開塾(吉利平次郎氏創設)
             ・青島日本高等女学校開校 (元独子女学校跡)
             ・内外綿(株)四方に工場建設
             ・青島水産組合設立
             ・忠魂碑 旭公園内の山腹に建立

    1917 (T 6)   ・青島の日本軍政を日本民政に移管した。
             ・堂邑路郵便局完工
             ・青島日本中学校開校
             ・青島英学院を「青島学院」と改称
             ・青島日本第一尋常高等小学校開校
               (これに伴い、青島日本小学校は青島日本第二尋常高等小学校と改称)

    1918 (T 7)   ・青島日本第一尋常高等小学校 新築校舎落成
             ・四方小学校を青島日本第一尋常高等小学校の分校として開校
             ・青島日本高等女学校 新築校舎落成
             ・勧業場(旧青島市場)完工

    1919 (T 8)   ・青島病院 増築完工
             ・青島神社鎮座
             ・横浜正金銀行青島支店完工
             ・大日本紡績(株)四方に工場建設

    1920 (T 9)  ・国光紡績(株)滄口に工場建設

    1921 (T10)  ・青島日本中学校 新築校舎落成 (元独逸軍自動車廠跡)
             ・青島学院商業学校開校
             ・富士瓦斯紡績(株)滄口に工場建設

    1922 (T11)  ・日本が中国北洋政府に山東省を返還 
             ・青島守備軍完全撤退完了(12.17)

    1923 (T12)   ・日本が青島を中国北洋政府に正式返還した
             ・北洋政府は「青島膠澳商埠督辨公署」を設置した。
             ・青島日本総領事館開設、青島民政部廃止
             ・青島日本人居留民団設立
             ・滄口日本尋常高等小学校開校
             ・四方日本尋常高等小学校独立開校
             ・膠澳電気股份有限公司設立(日中合弁、青島の電力供給)
             ・上海製造絹糸(株)滄口に工場建設  (旧鐘淵紡績 子会社)
             ・日清紡績(株)四方に工場建設

    1924 (T13)  ・長崎紡績(株)青島工場操業開始

    1925 (T14)  ・日本青島取引所開設
             ・日系青島各紡績工場で現地人労働者ストライキ

    1927 (S 2)  ・日本軍第一次山東出兵 済南へ

    1928 (S 3)   ・日本軍第二次山東出兵 済南及び膠済線沿線へ
             ・済南事変発生

    1929 (S 4)  ・済南事変解決調印
             ・青島は中国国民政府支配下に移り「青島特別市政府」が設立された。
             ・青島百貨大楼完工(中山路・湖北路交差点)
             ・膠澳商埠電話局自動電話交換機設置
             ・海浜公園建設(最初は若愚公園と命名されたが、1931年に海浜公園と改名)

    1930 (S 5)  ・青島大学(中国)開学
             ・三井物産青島支店完工

    1931 (S 6)  ・交通銀行(中山路東側)完工
             ・青島水産組合設立

    1932 (S 7)  ・青島大学を国立山東大学(中国)に改名
             ・海浜公園に水族館開館
             ・朝鮮銀行青島支店完工

    1933 (S 8)  ・青島(中国)物品証券交易所完工(太沽路・天津路交差点)
             ・青島桟橋(海軍桟橋)廻瀾閣完工

    1934 (S 9)   ・青島学院新校舎落成
             ・金城銀行完工(河南路・肥城路交差点)
             ・カトリック教会(青島天主教堂)完工
             ・湛山寺建立
             ・青島ゴルフ場開場

    1935 (S10)  ・上海紡織(株)四方滄口間に工場建設
             ・(株)豊田紡織廠 四方滄口間に工場建設
             ・日本足袋(株) 四方滄口間に工場建設

    1936 (S11)  ・同興紡織(株)滄口に工場建設
             ・東海飯店完工
             ・日系青島各紡績工場で現地人労働者ストライキ

    1937 (S12)  ・日中事変勃発(7月)
             ・邦人各学校 一時閉鎖
             ・日本人居留民 内地、満州、朝鮮方面へ引き揚げ完了(9月)
             ・青島市政府により四方・滄口・台東鎮方面の主要日本企業工場が爆破された。

    1938 (S13)  ・日本海軍 青島へ上陸 陸軍は済南経由で青島へ
             ・日本の支配下で「青島特別市政府」は「青島特別市公署」に改組。 各局長に日本人任命。
             ・日本人青島居留民 続々復帰
             ・各小学校、中学校、女学校、青島学院など再開
             ・青島学院紘宇女学校 開校
             ・東文書院 開校
             ・青島放送局 日本語・華語で放送開始

    1939 (S14)  ・東亜医科学院開校
             ・青島日本第三尋常小学校建築開始
             ・大日本航空(株)滄口飛行場で営業開始

    1940  (S15)   ・青島日本商工会議所完工

    1941 (S16)  ・日本人各小学校は国民学校に改称
              ・青島日本第三国民学校開校          (大阪在住豊島坦氏のご指摘により訂正)
             ・中央国民学校設立、各小学校高等科がここに統合された。(北海道在住宮野氏の提供情報)
             ・陸軍倶楽部(現青島工人劇場)完工
             ・太平洋戦争勃発

    1942 (S17)  ・青島日本工業学校校舎を青島日本中学校内に建設開始

    1943 (S18)  ・青島日本工業学校を青島日本中学校内に開校

    1944 (S19)  日本~青島定期船運行停止(日光丸、泰山丸、原田丸は撃沈、バイカル丸は擱座)

    1945 (S20)  ・日本敗戦(ボツダム宣言受諾)
             ・競馬場において、国民政府に代わり米軍が日本陸海軍との降伏調印及び武装解除を実施した。
             ・青島在留日本人引き揚げ開始

    1946 (S21)  ・在留日本人全員引き揚げ完了




 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容に基づき修正し、あるいはご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。