第3編  その2

青島都市形成に関する
参考文献

2012年 7月20日
2016年1月20日追補
                  
             青島都市形成に関する研究論文、紀行文など



1.独逸・日本の租借・占領に関する研究論文の紹介


 青島における日本人社会の存在は、中国人として受け入れた存在ではなく、無理やり割り込んできた存在であった。中国人は随分苦々しい思いで日本人社会を見ていたのであろう。当時我々は子供であったとはいえ、今となればその事を申し訳なく思う。

 独逸・日本の青島における租借・占領状態は、青島を中心にした山東半島の都市形成、社会・経済の発展に対してどのような影響を与えたのであろうか。独逸・日本の存在は単に労働や地下資源の収奪のためだけであったのか。あるいは1945年の日本の敗戦後、中国自身による山東省経済・社会の展開に何らかの影響を与えたのだろうか。

 学者でも専門家でもない我々が、このような問題に発言する資格は全くないし、そのつもりもない。だが、我々は青島に関する資料を収集し、あるいはこの物語を纏める段階で、下記の諸論文に着目した。それら論文の著者の中には在日中国人研究者もおられ、その方々の論文は邦文で記述されているのが有り難い。


(1)欒 玉璽 著  青島の都市形成史:1897-1945 -市場経済の形成と展開-
                         A5版 364頁  定価 7,140円  思文閣出版刊

 この本の内容については、我々が述べるよりも出版社自身による下記の内容紹介文で推測頂きたい。

     青島がドイツ・日本との間に持った経済関係や、その関係が築かれた歴史的要因、青島の経済発展の過程や特徴、
     さらに青島が全中国へ与えた影響を解明。日中両国の広範な資料を用いることにより、詳細かつ中立的・客観的な
     立場での考察を試みる。

経済的分析に関して、最も優れた研究であると思われる。

 この論文は大変高価なため、簡単に誰もが購入して読むわけには行かないが、幸いにしてインターネット上に同じ研究者による下記論文が邦文のPDFで掲載されているので、これをご覧頂けたらと思う。
  ・ドイツ・日本の青島進出とインフラ整備 (1897~1945年を中心に)      (PDF)
  ・山東省の経済発展と沿岸都市の煙台・青島・威海 (1880~1945年を中心に)  (PDF)


(2)瀬戸武彦著  青島から来た兵士たち  -第一次大戦とドイツ兵俘虜の実像-
                        B6版  194頁   定価1,600円   同学社刊

 この論文の前半は、独逸が青島を占領・租借し、第一次大戦で日本に敗れるまでの歴史を豊富な写真と共に紹介している。この著書の「第一章 ドイツによる青島占領」「第二章 ドイツによる青島の建設」が、下記のウェブサイトで紹介されている。
  ・チンタオ・ドイツ兵俘虜研究会 (2)ドイツと青島   (ウェブサイト)


(3)立岡裕士   ドイツ山東植民地及び青島の概要     (ウェブサイト)
                     鳴戸教育大学付属図書館特別展「敗者へのいたわり」より

 このウェブサイトでは、青島の都市形成を、ドイツ占領期と日本占領期に分けて、主として地理的な観点から豊富な図版で紹介するもので、ウェブサイトから閲覧できる。


(4)張 玉玲   独日の植民地支配と近代都市青島の誕生  (PDF)

 在日中国研究者により日本語で発表された論文である。著者は独・日による青島の植民地支配を振り返った上で、両国による青島占領の背景・目的と植民地支配の特長、及び中国側の反応という三つの側面から比較し、青島が歩いた近代化の道程と共に、受動的・能動的な外来文化受容の系譜を探ったもの。


(5)高 瑩瑩   青島社会と中国人商人の文化的役割    (PDF)

 ドイツ占領下の青島においてドイツは商業上の利益を優先したために、中国内の商人はこれを発展のチャンスととらえ、各地から青島に店舗を開設した。この論文は、ドイツ総督府による中国人商人団体の結成の経緯・歴史及びその文化的役割について論ずるもので、邦文でウェブサイトから閲覧できる。
 中国人商人は青島の租借地の歴史において中国人の柱となり、後の日本占領期の日本・中国の商業活動にも大きく影響を与えたと言われる。筆者は在日中国研究者である。


(6)欒 玉璽 著  山東省の経済発展と沿岸都市の煙台・青島・威海 --1860年~1937年を中心に--  (PDF)

 19世紀末から20世紀初頭における山東省及び、山西省・河北省・河南省を含めた後背地の貿易経済の発展と、貿易の出入口である煙台・青島・威海の各都市との関係を、鉄道という物流システムの展開を軸にして詳細に分析した論文。
 論文は日本語で書かれておりPDFで入手出来るので、一読をお奨めする。


(7)浅田進史   日独青島戦争におけるドイツ総督府の防衛計画「青島要塞計画に関する覚書」   (PDF)
                ---植民地社会における総力戦への道---

 膠墺総督府が海軍省宛に作成した報告書の中に日独青島戦争関連の資料があり、その中の一つがこの覚書で、本文37ページ、付属資料14点からなる。浅田の論文は、日独青島戦争における膠墺総督府の防衛計画、防衛陣地の構築、実際にの戦闘の経緯について研究するにあたり、この覚書が一次史料として優れた価値を有するものとして、その概要を紹介している。



2.独逸租借終了後の社会・経済・風俗を紹介する諸文献


 以上に紹介した論文・著書は学問的な研究で、我々の狙いとする郷土史的な青島紹介には些か内容が固すぎる。独逸・日本の占領・租借期の青島の都市形成に関する行政機関の報告書、あるいは郷土史的・生活史的な観点から取り上げた出版物を探していたところ、前回の「青島物語」で紹介した諸文献に加えて、幾つかの新しい出版物を入手することができた。
 我々の「青島物語ー続編」では、これらの諸文献に基づいて日独戦役以後の青島の都市形成の歴史を取り上げ、主題ごとに物語風に取り上げてゆきたいと思う。

                                              
(1) 青島案内 昭和8年版 前田八郎著         発行所 日華社
(2) 山東案内 昭和14年版 編集兼発行人 小島平八  発行所 日華社

 この案内書には、中華民国統治期及び日本占領期における青島の行政組織、経済活動、教育機関、
娯楽場、遊覧地などが紹介されており、我々が忘れかけていた青島の日常生活に繋がる建物・場所
とその歴史的背景が記録されている。これぞ正に我々の「青島物語」にとっては宝箱とも言うべき
重要な資料である。弟が古書店を探して購入した各1冊だ。
 尚、この案内書の昭和15年版が発行されていることが古書店のリストを検索して判った。


(3)泉對信之助  青島二年  発行所 帝国地方行政学会

 この本は、内務省官僚であったと思われる筆者が日本租借期における青島行政官僚として赴任した大正10年から11年にかけての2年間に見聞した、いわば紀行文である。
 本書の前半は、独逸による青島の都市形成の歴史を、行政官僚の視点から資料を参照し、あるいは地元関係者からの聞き取りなどで集めた情報を紀行文風にまとめたもので、読んでいて参考になり面白い。これも我々の「青島物語」で参照させて頂くこととした。本書は弟が名古屋市立鶴舞中央図書館の蔵書の中から発見しコピーしたものである。


(4)宋 連威 著  青島城市的形成 発行所 青島出版社

 この本は中国語で書かれた「青島の都市形成」に関する論文で1998年に出版された。内容は青島の都市形成を歴史的に詳述しており、更に主要な建物については図版とその設計・構造が詳細に説明されている。
 ただ、文中でしばしば次のような記述に出会う。
                                              
  「徳国人在加強城市建設的同時、也進一歩加緊了資源的略奪、而且他們的建設始終没有離開略奪服
   務的主題。」
   (独逸人は都市の建設を強化すると同時に、資源の略奪を強力に進めた。しかも彼等の建設は略奪
   遂行というテーマから終始離れることはなかった。)

  「由於占領的目的就是為了侵略和略奪山東及中国資源、這種略奪包括了財力、物力和人力資源、所以
   日商在侵略占領期大量建設工廠和商業設施。」
  (占領の目的は山東及び青島の資源を侵略し略奪することであった、この略奪には財力、物資、及び
   人的資源が含まれていた。そこで日本商人は侵略占領期間中に大量の工場及び商業施設を建設した
   のである。)

 この種の表現に関わらず、記述内容は案外と正確且つ公平であり、前項に紹介した学術論文には記載されていない青島の都市形成の歴史が多く記載されているので、我々の「青島物語」では主に歴史的記述部分を参照させて頂くこととした。本書は兄が青島へ旅行した際に地元の書店で購入した。


(5)全調査 東アジア近代の都市と建築  藤森照信・汪 坦 監修    大和建設(株)発行  私家本

 この本は東アジアにおける近代建築と都市形成を都市別に詳細に記録したもの。建築に関しては写真を掲載して、建物の新旧名称、設計者、竣工年、所在地などが簡潔に紹介されている。都市については、地図を参照しながら都市形成の経緯がわかりやすく記述されており、都市形成の年表編集に当たって大変参考になった。弟が愛知県図書館で本書を発見、データを集めた。


(6)青島研究資料   青島軍政署 編集   非売品         (発行年:大正5年9月)

 この研究資料は、軍政所附武官が、独逸租借時代の社会・経済の情勢を紹介するものである。併せて、独逸商業会議所報告、山東鉄道会社営業報告、並びに独逸が中国人向け教科書として1914年に作成した「膠州租借地の発展とその中国内陸部との関係についての回顧」という項目の日本語訳があり、独逸の青島経営に関して紹介されている。

(7)TSINGTAU SOUVENIR (Alubum with 50 views)  Verlag von ADOLF HAUPT, Tsingtau

 これは、独逸租借時に青島の出版社「アドルフ ハウプト」から出版された記念写真帳で、当時の青島の50枚の写真が掲載されている。これらの写真と同じ写真が、絵はがきとして或いは記録写真として流布されているが、おそらくこの記念写真帳が元になっているのであろう。この写真帳は高知大学名誉教授瀬戸武彦先生からご提供頂いた。


「青島物語ー続編」編集に当たり、新たに参照を予定している文献は以下の通りである。

(1)戦後の青島   青島民政部埠頭局   非売品         (発行年:大正4年2月)
                                  (国立国会図書館近代デジタルライブラリーより)

 この報告書は、大正3年11月に日本軍が青島で独逸軍を破った翌年に青島守備軍民生部埠頭局が発行した、戦争処理及び軍政方針の概要を示す貴重な資料である。この報告書はなぜか青島に関する研究書類あるいは案内書にあまり参照されていないようだ。                             

(2)新刊 ”青島要覧”  青島民政署編    厳松堂書店発行     80銭   (発行年:大正7年11月)
                                  (国立国会図書館近代デジタルライブラリーより)

 青島守備軍による軍政は大正6年で終わりその後民政に移行したのだが、本冊子はその翌年に守備軍民政署名で民間書店より発行されたもの。この要覧は小型サイズで全編250ページ、統計資料も豊富だが何よりも軍政期間中の政治・経済・社会情勢を詳しく紹介している。この「青島物語ー続編」の編集に大いに参考とさせてもらう予定。

(3)魯 海 著     青島旧事   中国 青島出版社発行    (発行年:2003年7月 第2版)

 本書は中国語で書かれた、青島の旧建築物・旧跡の紹介記である。

(4)楊 慧 責任編集  青島思往禄  中国 青島出版社発行    (発行年:1999年 1月 第1版)

 本書の題名は「青島懐旧禄」とも呼ぶべきもので、中国人の手による青島に関わりのある歴史、地名、人物、社会・経済情勢を懐旧談風に編集したもの。前書とともに、この「青島物語-後編」では大いに参考にさせてもらう予定。

(5) 遠藤泰一著  北支の風物   アルス 発行       (発行年:昭和18年4月)

 本書は、1945年(第2次世界大戦)以前の中国の社会・風俗を紹介するもので、その内容の詳細なることおそらく他に類書はないであろうと思われる。折に触れて、今では見ることのなくなった旧い中国北部地方の風俗を紹介したいと思う。 


3.各種戦史・戦記、紀行文、各種絵葉

 
 第一次世界大戦では戦記報道に初めて写真が使われた。従って青島における独逸と日本の戦場風景の写真が戦記物として随分発行され、今でも図書館や古書店の店頭で見ることが出来る。中でも「日独戦役記念写真帖」は、他の写真集には見当たらない貴重な戦場風景写真が数多く収録されている。
 当時の風俗・風景写真、及び一部の戦場写真はこの「青島物語ー続編」でも使用させて頂くこととする。

   ・日独戦役記念写真帳    編集:三船秋香   発行:青島 三船写真館  発行年:初版 大正4年4月
   ・青島今昔記念写真帖    編集:仙波子之吉  発行:青島 博文堂書店  発行年:初版 大正6年12月
   ・日独戦史写真帳      編纂:参謀本部   発行:東京 偕行社    発行年 : 初版 大正5年12月
   ・写真通信・青島陥落号   編集・発行   東京   大正写真通信社   発行年    大正3年12月
   
 独逸は青島の開発・建設に関して、連邦公文書館に多くの写真を収蔵しており、それらはWikimedia その他のウェブサイトを注意深く探ると、日本側の記録では見出せなかった青島の初期の写真が収蔵されていることが判った。
 ただ、それらの写真は前回の「青島物語」で利用しているが、今回の「青島物語ー続編」では利用することは少ない。

 第一次世界大戦後、日本人による中国紀行文は多く発行されているが、青島や膠州湾に関する紀行文は余り多くない。それらの中の1冊で「黄砂と桜」(安西篤子著)は、どちらかという自伝的小説で、大会社幹部社員の青島における生活を紹介する作品として興味深い。これも「青島物語」の中で、青島における一部日本人の風俗として取り上げて見たいと思っている。

 1900年から1945年の間に、独逸と日本から多種多様な青島の風景絵葉書が発行された。弟は古書店でこれらを買いあさった。これらの絵葉書は我々の「青島物語」にとっては宝の山であり、適宜利用して青島の郷土史に彩りを添えたい。


「青島物語ー続編」編集に当たり、追加して参照した文献は以下の通りである。

(1) 青島軍政史 全8巻 編集:青島守備軍軍政部  発行:陸軍省(当時秘密扱い)   発行年:昭和2年
                                 (国立国会図書館近代デジタルライブラリーより)

 本書は、青島守備軍軍政部が民政業務を担当していた大正3年6月から大正6年9月までの期間中の、青島の都市行政に関する方針・計画・実施状況について、図表・統計を交えて詳細に記録したもので、その範囲は次の通りである。
    第1巻 総説       第2巻 外交、衛生、教育      第3巻 鉄道
    第4巻 港湾、通信    第5巻 殖産興業          第6巻 財政、金融(現在非公開)
 この軍政史を通じて、一部研究者の研究発表に訂正の必要があるのではないかと思われる点すらうかがえた。大変貴重な歴史的資料である。この内容に匹敵する青島守備軍民政史が発行されなかったのは残念なことだ。

(2)大日本戦史 第5巻  編集:高柳光壽    発行:東京 三教書院   発行年: 昭和13年11月

 本書は、日本における古今の戦争約60を選んで戦略・戦術的な分析を試みたものである。この第5巻には青島における日独戦役の分析が行われている。この種の史書は、通常、日本をひいき目に見て書かれているが、本書は青島戦役の開始及び終結をきわめて冷静・公平に分析している。日独戦役における日本と中国の関係を検討する上で、本書を利用することとする。

(3)青島戦記     山口信雄 著     発行:大阪 朝日新聞合資会社   発行年:大正4年1月

 本書は、朝日新聞従軍記者の報告に基づいて、筆者が青島に於ける日独交戦の状況を230頁にわたって記述したもので、公的な記録とは異なった視点に立った日独戦記である。更に、約60ページの従軍記録写真が添付されているが、この写真は三船写真館の記録写真に比して特に戦場の記録写真が多いので、この「青島物語ー続編」で利用させて頂く予定だ。

(4)欧州戦争実記ー青島陥落  編集:長谷川誠也  発行:東京 博文館  発行年: 大正3年11月

 青島戦役終了直後に発行された青島戦記物で、その内容・文体は「日本万歳」である。ただし、戦役終結後の各国新聞の論評がほぼそのまま翻訳・掲載されており、それらは必ずしも日本の行動を歓迎しているわけではない。そうした当時の世界各国ジャーナリズムの「日本による青島支配」に関する厳しい論評について、機会があれば紹介したい。

(5)山東半島・附青島案内記  編集:冨山房編集局 発行:東京 釜山房    発行年  大正3年12月

 冨山房が大正12年に発行した「山東省・附青島案内記」は独逸人旅行者が青島で出版した旅行記に基づいて、冨山房が青島攻略直後に編集・発行した案内記である。その内容は山東省内各地区の社会・経済・観光の観点から詳細に記述したものである。日本による青島統治初期の山東省各地および青島の社会・風俗を紹介する資料として、利用価値が高い。(2013.2月 追記)

(6)世界大戦の記念  内田茂文 著  発行:東京 欧亜通信社  発行年:大正8年6月

 第1次世界大戦後しばらくして発行された第1次世界大戦記念誌で、ヨーロッパ戦場、青島戦役、並びに南洋諸島での戦役を豊富な写真で簡略に記述するもの。本誌のサイズは現在のA3サイズ程あり、どちらかというと写真を中心に第一次大戦を回顧する目的で編集されたようだ。
                                           (以上は  2012.7月 記)

(7)ドイツ・日本の青島進出とインフラ整備  欒 玉璽 著 「アジア研究 Vol 54 No.1 2008 出版」 PDF資料

 ドイツ・日本の青島支配に関する論文は、どちらかというと歴史・政治的な観点から両国の植民地史としてとらえるものが多かった。本研究では両国の青島進出を占領と開発の側面からとらえた。特に日本に対しては、日本が都市「青島」形成・開発の過程でとった占領政策の展開、資本の投入状況、都市の構築とインフラ整備、などの検討を通じて、日本の進出が青島の形成・発展及び工業化へ与えた影響を分析するものであって、視点を変えた分析として大いに参考になった。
                                           (本項は2013.8月 追記)


(8)李村要覧(非売品)  編集:青島軍政署李村出張所    印刷所:青島 青島新報社  発行年大正5年10月
                 (国立国会図書館近代デジタルライブラリーより)

 本要覧は、「青島要覧」が日本で出版され一般に販売されたのに対して、青島で印刷されたが非売品の「李村要覧」である。表題は李村であり、李村政区に関する地理、行政、農林、商業、漁業、工場・鉱産物、交通について、本文363ページで豊富な統計資料を含む、詳細な研究資料である。その範囲は単に李村政区にとどまらず、青島守備軍の全範囲について李村政区との関わりで分析が行われており、日独戦役直後の青島軍政研究の歴史的・経済史的研究資料として、価値が高いと思う。


(9)青島日本中学校校史    青中校史編纂委員会 編集  青中校史刊行会発行  西田書店発売  発行年:平成元年

 本書は青島日本中学校の校史であるに止まらず、青島の歴史を調べる上で他に得がたい纏まった記録を提供してくれる貴重な資料でもある。特に「校史主要年表」は青島の歴史を語る主要年表でもある。


(10)消えた学院   米村秀次 著  発行:鹿児島 (株)ラグーナ出版   発行年:平成23年
 本書筆者は、青島学院創設者「吉利平次郎」氏の孫である。祖父「吉利」氏が抱いた理念「日中共学」を追い求め、膨大な資料と多くの関係者に取材しつつ、「青島学院」30年の歴史を「日中友好」の実現に生涯を尽くした人物の物語として生き生きとまとめ上げた感銘深い出版物である。

(11)山東風景写真帳  青島守備軍民生部鉄道部 編纂    発行:東京 博文館    発行年:大正9年3月 


 この写真帳は、青島守備軍民生部鉄道部が、おそらく青島観光用として作成したと思われる、B4 判に近いサイズで、一部カラーを含めた青島及びその近郊の写真集である。日独戦役後5年を経過した頃の青島及び近郊の風景を紹介する記録が少ないだけに、この写真帳は当時の風俗を知る写真資料として価値が高いと思う。
                                          (本項は2014年2月 追記)


「青島物語ー第3編」編集に当たり、新たに参照を予定している文献は以下の通りである。

 この期間中の青島に関する刊行物は極端に少なく、「国立国会図書館近代デジタルライブラリー」より得られる各種条約記録、並びにインターネット上に掲載されている研究者の各種論文が中心となる。

(1)山東懸案解決に関する条約  (大正11年2月4日 華盛頓に於いて調印) 同附属協定、各種交換公文、了解事項 等

 ワシントンで開催された海軍軍縮交渉と併行して開催された日本政府、中華民国政府、並びにアメリカ、イギリス政府の立ち会
 いの下に開催された、旧獨逸膠澳租借地の租借権に関して日本国・中華民国の間の懸案事項を解決し、日本国が中華民国に青島
 を返還することを取り決めた条約と、その関係協定など。

(2)パリ講和会議と日米関係 ー山東問題を中心にー 著者:住友 豊   同志社大学:アメリカ研究 36号 2000.3
(3)「山東問題」の直接交渉をめぐる日中関係の展開 著者:申 春野   大阪大学:国際公共政策研究 2005.9
(4)原敬の山東半島還付構想            著者:山腰敏寛   立命館経済学 第57巻 第4号

 第一次世界大戦講和条約 "ヴェルサイユ条約” において、旧獨逸膠澳租借地は日本国に帰属することが認められたにもかかわらずその僅か2年後、アメリカ・イギリスの立ち会いの下で日本国・中華民国の協議が行われ、旧獨逸膠澳租借地は中華民国に返還されることになった。当時青島に在住していた日本人にとって ”山東返還” は決して予期していなかった事とはいえ、実現して欲しくなかったことであったに違いない。”山東返還” の実情を、研究者がそれぞれの視点から分析する。

(5)ワシントン条約体制下の青島における領事館警察について
                          著者:長沢一恵   京都大学:人文学報 106号 (2015年4月)
 商埠地としての青島で、日本居留民保護のために日本領事館警察が設置されたが、その経緯と事後の活動状況を解説するもので、 最新の研究である。

(6)中国における日本租界の歴史(共同研究)  著者:大里浩秋  神奈川大学非文字資料研究センター 発行論文

 清国・中華民国における領土・租借地・租界・開港地、商埠地などに関する学術的研究報告は余り見当たらなかったが、神奈川
 大学では夙にこの分野の研究を展開し、出版物・研究資料を発行している。本論文もインターネット上で公開された同大学によ
 る研究成果の一つである。


                                           (本項は2016.1月 追記)



 この物語をご覧頂いた方々の中で、我々の発表に誤りがあると思われたり、あるいは追加したい事項があるとお考えの場合には、どうか我々宛にメールをお送り頂きたい。お送り頂いた内容を、ご同意が頂ける場合には、原文のまま発表させて頂くつもりである。