(演奏時間:7分59秒)

舞踏への勧誘  (mp3)

作曲:カール.M.ウェーバー
 昭和21年の秋であったろうか。岐阜市の公会堂で戦後初めてオーケストラがやってきて演奏会を開いた。私にとって、オーケストラを生で聴く初めての機会であったから、わくわく しながらその演奏会を聴きに行ったことをかすかに覚えている。
 
 そのオーケストラは、現在のNHK交響楽団の前身である日本交響楽団ではなかっただろうか。演奏会での演目は殆どすべて忘れてしまったが、この「舞踏への勧誘」が演奏されたことは明瞭に覚えている。

 私はこの曲のイントロの旋律をその当時から知っていた。オーケストラの演奏が進むにつれ段々興奮してきて、最後に曲が終わったと思ったところで、盛大に拍手した。

 ところが、この曲のエンディングは、イントロとほぼ同じメロディが演奏されるのだが、そのエンディングのメロディーをチェロが演奏する前に拍手したのであるから、大変に恥ずかしい思いをしたことを今でも想い出す。(もっとも拍手したのは私一人ではなかった!?)

 今から55年前、私が旧制中学4年生の時の想い出である。



 この「舞踏会への勧誘」は原曲はピアノ曲である。それをベルリオーズが管弦楽用に編曲したものが広く演奏されるようになって、この曲のピアノ演奏は全く聴かれない。
 この曲には「華麗なロンド」という副題があり、作品番号は65番で、ウェーバーが妻のカロリーネにこの曲を献呈したとのことだ。


                         [ 2002年12月 音源:SC88 Pro  ]