(演奏時間:3分30秒)

フルートとピアノのためのセレナーデ (mp3)
 ニ長調   作品41(25)番

作曲:ルートビッヒ V.ベートーベン


 このメロディは一体何時覚えたのか記憶がない。作曲者を分からないまま、記憶の片隅に残っていた。

 昭和52年、私はオーストラリアのシドニーへ赴任した。今でこそ、オーストラリアは日本人観光客でどこもあふれているが、当時は日本各社の駐在員しかほとんど見あたらなかった。

 そんなある日のこと、レコードショップへ入ると、ベートーベンのフルート曲集という3枚組のレコードがあった。寡聞にして私はベートーベンがフルート曲を作曲していたことを知らなかったので、物珍しさも手伝って購入した。

 家へ帰って聞いてみるとこれがびっくり、その中に私の記憶の片隅にあったあのメロディが聞こえるではではないか。それがこの「ベートーベンのセレナーデ」なのである。後で知ったことだが、この曲はもともとフルート、バイオリン、ビオラ三重奏曲(作品25番)であるが、それを誰かがフルートとピアノ用に編曲して何時の間にやら作品41番になったらしい。(作曲番号41番はレコードの表記による。)

 これはベートーベンが若いときに作曲した曲で、ベートーベンらしくない曲である。曲は5楽章からなる18世紀初期のセレナーデ形式を踏襲したものであるとか。このメロディはその第1楽章である。

 私が購入したレコードは ”Musidisc” というレーベルであるが、一体どこでプレスされたのかメーカー名も国名も印刷されていないという不可思議なレコード。だがフルート奏者はランパル、ピアニストはベイロン-ラクロアで、日本で何度も来演したれっきとした演奏家である。

  オーストラリアは自国ではほとんどレコードをプレスしていないが、その代わりに世界中からいろいろなレーベルのレコードを輸入している。おかげで私は珍しいレコードを手に入れることができた。そうした所蔵品の中にはベートベンが作曲したマンドリン曲のレコードもある。



 この曲を入力するに当たって楽譜がないので、最初は自分でレコードから採譜して楽譜を書いていた。その後友人からフルート三重奏曲の楽譜を借りることができ、それを元に入力しなおした。厳密にはレコードの演奏と一部が異なる。

                   [ 2002年4月 音源:MU2000 編曲:Tad ]