(演奏時間:1分30秒)

ワ ル ツ  変イ長調 (mp3
op.39-15

作曲:ヨハンネス・ブラームス

 学生時代、ブラームスの曲の響きは晦渋で余り好きではなかった。モーツァルトやベートーベン、シューベルトの影に隠れた地味な作曲家という印象を、私は彼に対して抱いていた。
  
 ところが、いつの間にか覚えた心休まるこのメロディーの作曲家がブラームスであること知ってからは、彼の小品を意識して聴くようになり、今日では彼の作品は私の愛聴曲となっている。



 ブラームスが初めてロベルト・シューマン宅を訪れ自分の作品をシューマンに見てもらった時、シューマンは妻クララを呼んで、天才が現れたと語ったという。

 そのシューマンが自殺未遂の後に精神障害で亡くなってから、ブラームスはシューマンの妻クララとその子供達の生活を長い間経済的に支援した。
 自らは生涯結婚することなかったブラームスが、クララとその家族を支援したのは、ブラームスのクララに対する愛であったとする美談と、ブラームスの行為をやや冷淡に受けとる見方が評論家の間にあるようだ。
 
 この優しいメロディーを聴くと、ブラームスはクララが好きであったのではないかと私には何となく思える。

                      [ 2002年11月 音源:MU2000  ]