(演奏時間:1分46秒)

カロ・ミオ・ベン (mp3

作曲:G. ジョルダーニ

 「愛しい私の恋人」という曲名を持つこの歌は、高校時代から楽譜で覚えて知っていたが、実のところ、それほど私の好きな歌ではなかった。ところが次の二つのエピソードから、最近では私のお好みの曲の一つとなっている。

 私がオーストラリアに駐在していた昭和50年代、イタリーのテナー歌手である「ルチアーノ・パバロティ」はその絶頂期にあった。彼の南国的な澄み切った声で歌う彼のオペラに私はメロメロで、彼のレコードやCDは私の大事な所蔵品の一部となっている。彼はイタリア民謡も歌っているが、その中でこの「カロ・ミオ・ベン」が取り上げられ、大変美しく歌われている。それ以来、時折この曲を楽しむようになった。

 昨年ロシアのチャイコフスキー音楽コンクールの声楽部門で、日本のソプラノ歌手「佐藤美枝子」さんが第1位を獲得された。彼女は、何とドニゼッティのオペラ「ルチア」の「狂乱の場」のアリアで賞を獲得されたのだ。あの難曲でよくもまあと、ただただ感心するばかり。
 その彼女が声楽の道に進もうとしたのは、高校時代の音楽の先生が歌った「カロ・ミオ・ベン」の美しさと、先生の素晴らしい歌唱力に魅せられたからだとのこと。これは佐藤さん自身がラジオ対談で語っているのを聞いたから間違いない事実。だが、もしこの「カロ・ミオ・ベン」が作曲されていなかったら、今日の佐藤さんは存在しなかったかもしれないとは私の考え過ぎだろうか。



 この曲の作者「ジュセッペ・ジョルダーニ」はイタリア人で、ナポリ楽派のオペラ作曲家とのこと。しかし現在ではこの曲以外に、彼の曲は全く歌われることはない。
                       [1999年3月 音源:SC-88Pro ]