(演奏時間:2分06秒)

アヴェ・マリア (mp3)

作曲:シャルル・F グノー


 この「アヴェ・マリア」は、バッハが作曲した第1前奏曲に、グノーが宗教的歌曲としてメロディを付けたもで、極めて有名である。

 旧制富山高等学校の音楽部にいた頃、私はシューベルトのアヴェ・マリアとバッハ・グノーのアヴェ・マリアが好きで、よくクラリネットやファゴットで吹いたものだった。これらの曲は、メロディが美しく、演奏上特に難しいわけではない。 だから初心者にも好まれるのだが、これの曲を美しく演奏するには、情感を表現できるための優れた技巧とそれ以上に曲に対する深い洞察力が必要である。年数を経た今となっても、この曲を美しく表現出来る自信は全くない。

 今回の編曲では、クラリネットに主旋律、オーボエに副旋律、そしてハープシコードに第1前奏曲を演奏させている。

 尚、堀内敬三の手になる名訳詞があるが、著作権の関係で紹介できないのが残念である。



 ヨハン・セバスチアン・バッハはバロック時代の作曲家として余りにも有名である。作曲数も多く作曲の範囲も広いが、すぐ思い出せる彼のメロディは「G線上のアリア」ぐらいではないか。だが1970年代には、彼のメロディがジャズなどに使われたこともあった。

                     [ 1999年1月 音源:SC-88Pro ]