(演奏時間:1分37秒)

夜 の 調 べ (mp3)

作曲:シャルル・F グノー


 昭和10年前後は、日本でも一種のオペラ・ブームがあったようだ。それも東京・浅草軽演劇館で、スッペのオペレッタ「ボッカチオ」から「恋はやさし、野辺の花よ」が歌われたり、フロトーののオペラ「マルタ」の一節が「爺さん、酒飲んで酔っぱらって死んじゃった」と変えられて歌われていた。特に「恋はやさし」は喜劇俳優エノケンのレパートリーの一つであり、私も彼がこの曲を歌っていたのを聞いた覚えがある。

 
そうした軽演劇でのオペレッタの流行とは別に、当時の名テノール歌手である藤原義江とか、名ソプラノ歌手関屋敏子がレコードに吹き込んだ歌曲ものが、「主婦の友」を読むご婦人方の間で流行したらしい。当時、蓄音機は高価な家具で、これを所持する家庭は一応中産階級であったようだ。

 私は、母がよくこのグノーの「夜の調べ」を口ずさんでいたことを覚えている。訳詞は近藤朔風によるもので、大変に優雅なものであった。古き、懐かしき、よき歌である。
            
                          夜 の 調 べ
                          訳詞:近藤朔風

                       あわれ ゆかしき歌の調べ
                       夕べ はるかに 胸に聞けば
                       心はかえる たのし昔
                       ああ 歌えや 君よ
                       永久(とわ)に歌え
                       いざ なつかし君 歌え
                       歌え 歌え ああ 永久(とわ)に



  グノーはフランスの作曲家で、交響曲やオペラを数多く作曲しているが、今日、日本ではほとんどそれらを聞く機会に恵まれない。この「夜の調べ」も、歌曲の好きな人でないと、今では知らない人が多いのではないか。

                                              [ 1998年12月 音源:SC-88Pro ]