(演奏時間:2分50秒)

歌 の 翼 (mp3)

作曲: J.L.F.メンデルスゾーン

 
この曲は私が旧制富山高等学校在学中に楽譜から覚えた曲で、このメロディを口ずさむと往時の学生生活が懐かしく思い出される。

 メンデルスゾーンの曲はこのほかにもいくつか憶えているが、彼のメロディはどれも明るく美しいことが特徴のように思われる。同時代の他のドイツ音楽家の作品がどれも重苦しく感じられるのに比して、余りにも対照的である。これは彼の生家が極めて裕福であったことがあるいは影響しているのかもしれない。

 原詩はハイネが書いた愛の歌であるが、半世紀以前の女学校で愛の歌を歌う訳にもゆかなかったのか、日本語の訳詞は少女の甘い感傷を歌った曲になっている。多くの女学生がこの歌を歌ったことであろう。

                           歌 の 翼
                          訳詞:津川主一

                        歌の翼を 借りてゆかな
                        幸にあふるる 夢の国へ
                        陽のさす園に 花は香り
                        見渡す池に 蓮(はちす)におう
                          見渡す池に 蓮におう

                        懐かしきかな 夢の国や
                        急ぎてゆかな 浄(きよ)き楽園(その)へ
                        かわゆき菫(すみれ) われを招き
                        そよぐ風さえ 友を呼べり
                          そよぐ風さえ 友を呼べり

                        いざわが友よ たちて行かん
                        うるわしの 夢はてぬ国へ
                                 はてぬ国へ 国へ

 今では余り歌われていないようだが、ごく最近コマーシャルのバックにこの旋律が流れていた。
                      [ 2002年6月 音源:MU2000 ]