(演奏時間:7分37秒)

ピアノ五重奏曲---《ます》 (mp3)

第4楽章----主題と変奏

作曲: フランツ・シューベルト

 
 シューベルトの 《ます》 はピアノ五重奏曲としてでなく、歌曲として旧制富山高校在学中に覚えた。

 昭和22年、富山高校に入学し、心を躍らせながら寮に入った。その寮を「青冥寮」といい、学校の直ぐそばを流れる神通川の対岸、八幡村草島の集落の中にあった。入寮の数日後、一年先輩の炊事部幹事が歓迎コンパを開いてくれ、乏しい食糧事情のなか、全員に一切れずつの「ますの寿司」をごちそうしてくれた。 この「ますの寿司」を準備するのに炊事部幹事が払ってくれた労苦は察するにあまりある。今でもそのときの喜びを忘れることはできない。
                       
 寮から学校までの往復には、神通川にかかる「萩浦橋」を歩いて渡る。川幅は500メートル程度はあったろうか。橋の所々に穴が空いており、夜、町の帰りにこの橋の穴から川底に落ちた寮生もいた。その橋から川の流れを見ていると、川上から川下にかけて2隻の舟が網を張って流れて来る。先輩にあれは何の漁かと尋ねたら、「ます漁」だとのこと。当時は神通川に「ます」が遡上していたのだ。だがこののんびりした漁で、一体一日に何匹のますが捕れたのだろうか。

 富山高校に在学中、「ますの寿司」を賞味したのは、後にも先にもこの歓迎コンパだけだった。今では駅頭に山のように売られている「ますの寿司」も、当時は貴重品で学生が買えるような食事ではなかったのだ。

 富山での「ます」をめぐる想い出は、残念ながら歌より食べ物の方が強い。

                   《シューベルトさん、ごめんなさい。》

                        
[ 2002年2月 音源:SC-88Pro ]