(演奏時間:10分07秒)

未完成交響曲 (mp3)
第1楽章

作曲: フランツ・シューベルト

 
「未完成交響曲」こそは、私の青春の追憶そのものである。

 昭和22年4月、私は旧制富山高校に入学した。先輩のお勧めもあり、私は部活動として音楽部を選んだ。入学後の5月、学校の文化祭があり、私はバリトン・バスという金管楽器でオーケストラ演奏に参加したのだが、僅か20小節の演奏に、心臓が口から飛び出すほどあがったことを覚えている。

 その演奏会が終わった直後、1年上級の藤井先輩からクラリネットの練習を命ぜられた。そして秋の記念祭には「未完成交響曲」を演奏するのだが、俺とお前はクラリネット、そのほかに2本のフルートで、クラリネット、オーボエ、フルートの3パートを分担して演奏するのだという。

 これには参った。さりとて逃げ出すわけには行かない。そこで私は講堂の2階で、特訓に継ぐ特訓を繰り返し、とにもかくにも割り当てられたパートの楽譜をことごとく覚えて、楽譜を見ないでも演奏できるようにした。

 かくして昭和22年10月の記念祭では、当時富山県にある唯一の我らのオーケストラが、富山県で最初の「未完成交響曲」の演奏を披露したのである。演奏が成功したのかどうか。当時として評論の対象にもならなかったのだろう、新聞にも取り上げられなかった。

 だが、我々の同級生の一人が「お前等の演奏など聴くに堪えないと思っていたのだが、気がついてみると俺はお前達の演奏に引き込まれていて、演奏終了時には思わず拍手していたよ」といってくれたときは、本当に嬉しかった。

 その翌年秋の記念祭にも、我々旧制富山高校音楽部は「未完成交響曲」を演奏した。なぜ他の曲を演奏しなかったのか。我々の技量では他の交響曲の演奏できるだけの実力がなかったのが実際だ。こんな事を言うとシューベルトには申し訳けないのだが、この曲は当時の我々の挑戦目標としては最適だった。

このような次第で、当時、私は未完成交響曲の各パートの旋律は全て諳んじていた。実はつい最近まで、「未完成」はわが脳裏にありと思っていたのだが、このオーケストラ譜をピアノ譜に編曲してみると、ほとんどのパートの旋律を忘れていることに気がついた。歳は取りたくないものだ。

 旧制富山高校を卒業する前日、私は富山市内の総曲輪(繁華街)にある「チェリオ」という喫茶店で、「未完成」のレコードを一人で聴いた。第2楽章の終わり近く、私は「チェリオ」の門を開いて外へ出たのだが、それは富山を去る感傷と「未完成交響曲」の演奏の情景が重なり、いたたまれなかったからだ。

 この曲を聴くたびに、私は60年前の富山とチェリオと音楽部を懐かしく、いささかは淋しく思い返す。
                    [ 2005年8月 音源:MU2000 編曲:Tad ]