(演奏時間:3分40秒)

アヴェ・マリア  (mp3)

作曲: フランツ・シューベルト

 
昭和22年から25年にかけて、私は旧制富山高校に在学した。在学中の部活は音楽部で、木管楽器とオーケストラ活動に熱中した。このころ、プロの音楽家による演奏活動は少なく、まして富山で中央の演奏家に接する機会は極めてまれであった。
 そうした中で、巖本真理は毎年のように富山県議会場でバイオリン・リサイタルを開き、私は乏しい小遣いの中から入場券を求めて、彼女の演奏を聴きに行ったものだ。

 当時、有名な女流バイオリニストは数名しかいなかった。もちろん巖本真理はその中の第一人者で、確か彼女の母親はドイツ人であったように記憶している。彼女の目鼻立ちは正に西欧人そのもので、その端正な横顔とバイオリンから流れ出る流麗なメロディに私は吾を忘れて聞き惚れたものだった。
 彼女は、アンコールにはいつもシューベルトのアヴェ・マリアを演奏した。目を閉じて、ひたすらこの曲の演奏に没入していた彼女の姿を、今でもありありと想い出す。

 巖本真理は、後に巖本真理弦楽四重奏団を結成し、多分、数枚のレコードをリリースしていたように思う。これから四重奏活動の円熟期を迎えようとするとき、彼女はガンでこの世を去った。

 何とかして、巖本真理の演奏をレコードで聞くすべはないものか。
                     [ 1998年10月 音源:Sc-88Pro ]

 2006年に、神奈川のS様から、巌本真理アヴェ・マリア演奏のMDをお送り頂き、60年来の夢を叶える事ができた。彼女のバイオリン演奏は素晴らしく、ピアノ伴奏の素晴らしい編曲と演奏もバイオリン演奏を一層引き立てている。
 S様、有り難うございました。