(演奏時間:1分54秒)

セレナーデ (mp3)
Ständchen


作曲: フランツ・シューベルト

 
フランツ・シューベルトの曲は、旧制高校の学生にとっては極めて身近な存在であった。バッハ、ヘンデル、モーツアルト、ベートーベンも勿論身近かであったが、何よりもシューベルトはその歌曲を我々が歌えると言うことで、彼の愛好者は多く、音楽好きの学生は彼の歌を原語で覚え、歌ったものだ。

 我々の学生時代、オーストリアで制作された「未完成交響曲」という映画があった。今となれば俳優の名前も映画のプロットも覚えていないが、シューベルトの悲恋物語であったこと、そしてシューベルトがギターを質屋に入れたことなどを断片的に記憶している。

 映画のプロットは忘れたが、この歌の一番の歌詞は、今でもほぼ正確に覚えている。

            Leise flehen meine Lieder durch die Nacht zu dir,
            In den stillen Hain hernieder,
                Liebchen kom zu mir.
            Flüsternd schlanke Wipfel rauschen in des Mondes licht,
            In des Mondes Licht.
            Des Verräthers feindlich Lauschen、
                Fürchte Holde nicht, fürchte Holde nicht.
 
 この曲は、すでに昭和20年代にギター伴奏曲があり、私自身も寮でこの曲をギター伴奏で、よく歌ったり、クラリネットで演奏した。この曲を聴くと、当時の貧しくはあったが充実した寮生活を想い出す。
                      [ 1999年5月 音源:SC-88Pro ]