(演奏時間:1分35秒)

野 薔 薇 (mp3)
Heidenröslein


作曲: フランツ・シューベルト

 
この歌は旧制高等女学校の生徒間で歌われた歌曲である。私自身は中学時代から知っていたが、歌詞を原語で知ったのは旧制高等学校に入学してからで、しかも作詞者がドイツ文学では神様ともいうべき、かのゲーテと知って驚いたものだ。

 幼い初恋を歌った曲であるが、メロディーを口ずさむと甘酸っぱい感情が走る。
  
 今の大学生で、ゲーテを知っている人は果たしているであろうか。

           Sah ein Knab ein Röslein stehn,   童は見たり
           Röslein au der Heiden,       野中の薔薇
           War so jung und Morgenschön,   清らに咲ける
           Lief er schnell es nah zu sehn,    その色愛(め)でつ
           Sah's mit vielen Feuden.       あかず眺む
           Röslein, Röslein, Röslein rot,     紅におう
           Röslein auf der Heidn.         野中の薔薇

           Knabe sprach: ich breche dich,   手折りて行かん
           Röslein au der Heiden!       野中の薔薇
           Röslein sprach: ich steche dich,    手折らば手折れ
           Daß du ewig denkst an mich,     想い出ぐさに
           Und ich will's nicht leiden.       君をば刺さん
           Röslein, Röslein, Röslein rot,     紅におう
           Röslein auf der Heidn.         野中の薔薇

           Und der wilde Knabe brach,     童は折りぬ 
           's Röslein au der Heiden,        野中の薔薇
           Röslein wherte sich und stach,    手折りてあわれ
           Half ihm doch kein Weh und Ach,   清らの色香
           Mußt' es eben leide.         永遠にあせぬ
           Röslein, Röslein, Röslein rot,      紅におう
           Röslein auf der Heidn.         野中の薔薇
                                 [翻訳:近藤朔風]

                      [ 2000年8月 音源:SC-88 Pro ]