(演奏時間:3分36秒)

流 浪 の 民   (mp3)

作曲:ロバート・シューマン

 この曲を、私は学校で習った訳でもなく、合唱曲として大勢で歌った訳でもない。だが今でも歌詞のすべてを殆ど覚えており、合奏の各パートのメロディもうろ覚えではあるが殆どついていける。というのも、私の二人の従姉妹が毎日のように我が家に遊びに来ては、女学校の発表会だといって私の耳許でうるさいほど練習していたのを聞き覚えたからである。
 
 今回この曲をアップロードするに当たって曲の構成を調べてみると、女学校の熱心な音楽の先生が夢中になってこの曲を取り上げた理由が何となく分かるような気がする。女性三部合唱ではあるが、部分的な転調あり、テンポの変化あり、しかもピアノパートが合唱の単なる伴奏ではなく、合唱と相対して一歩も引けをとることなくメロディをならしており、まさに協奏という感じである。発表会で指揮棒を振りながら、女学校の先生はさぞ得意であったろうと思う。

 だがこの曲を、今では殆ど聞く機会がなくなってしまった。

                      [ 2002年8月 音源:MU2000 ]