演奏時間2分00 秒


トロイメライ  (mp3)

ロベルト  シューマン
 
昭和22年4月、旧制富山高等学校へ入学と同時に私は音楽部の門を叩き、その後の私の人生に大きな影響を及ぼすことになる音楽部活動に脚を踏み入れた。その第一日目の私を迎え入れてくれた諸先輩の中に、長身・長髪で白皙の、ある一年先輩に強い印象を受けた。

 この先輩は我々富山高校の初代学長の孫に当たる。なぜかお互いに共感するところがあって、その後の2年間は、部活動の面でも勉学の面でもいろいろと指導を受けた。寮生活で食事に不自由していた私を、何度も家に呼んで腹一杯にご馳走してくれたことが今も忘れられない。
  
 彼はチェロを得意とし、このトロイメライをよく聞かされた。またモーツァルトの「アイネ・クライネ」を秋の文化祭に向けて他の楽器奏者らとともに、プールの横で練習していた風景を想い出す。

 彼は富山高校を卒業後、北海道大学に学んだ。その後日本テレビに入社し、後年同社で技術部長として活躍中と聞いていたが、50歳代の若さでこの世を去った。

 卒業後、いつでも会えると思っていたのに、その機会のないままに先立った南日恒夫先輩のことが、このトロイメライを聞くたびに想い出される。

                [ 1999年12月 音源:SC88Pro ]