(演奏時間:2分02秒)

モーツァルトの子守歌
三角をクリックして

演奏を始めて下さい。
  


(演奏時間:1分45秒)

シューベルトの子守歌


子 守 歌 (Wiegenlied) (mp3)
 
これら2曲の子守歌は、昭和16年、私が小学5年生の時に覚えた。近所に住んでいた従姉妹の一人が女学校2年生で、いつもこれを歌っていたのを聞き覚えた。私の音楽知識は、昔の女学校のカリキュラムに大きく影響を受けているようだ。

 この曲の歌詞は近藤朔風と堀内敬三の名訳があるのだが、堀内の訳詞はまだ著作権が存続しているので紹介できない。
 モーツァルトの子守歌については原詩と私の翻案歌詞を掲載する。


                        モーツァルトの子守歌


           Schlafe, mein Prinzchen, schlaf'ein,      ねむれ 坊やよ ねむれ
           Schäfchen ruh'n und Vägelein.         羊も鳥も 休み
                         Garten und Wiese verstummt,         庭も牧場も 静か
           Auch nicht ein Bienchen mehr summt.      蜂も 羽音を立てず
           Luna mit silbernem Schein           白銀の 月影は 
           Gucket zum Fenster herein.            窓に 注ぎ入る
           Schlafe beim silbernen Schein,         白銀の 月影の中 ねむれ
           Schlafe, mein Prinzchen, schlaf'ein,       ねむれ 坊やよ ねむれ
           Schlaf'ein, schlaf'ein.             ねむれ ねむれ


           Alles im Schlosse schon liegt,         館(やかた)では 全てが寝む
           Alles im Schlummer gewiegt.         全ては まどろみにゆらぎ
           Reget kein Mäuschen sich mehr,       ねずみも 動きを止め
           Keller und Küche sind leer,          蔵にも台所にも 人かげはない
           Nur in der Zofe Gemach           ただ 奥の部屋から
           Tönet ein schmachtendes Ach!        ひそひそと 聞こえる声
           Was für ein Ach mag dies sein?        何を 語り合うのか
           Schlafe, mein Prinzchen, schlaf'ein,       ねむれ 坊やよ ねむれ
           Schlaf'ein, schlaf'ein.             ねむれ ねむれ


            (モーツァルトの子守歌は別の作曲家が作った曲であるとの説がある。)


                    
                       シューベルトの子守歌

                          作詞:Claudius
                         (訳詞:近藤朔風)

      Schlafe, schlafe, holder süsser Knabe,        ねむれ  ねむれ  愛(め)ぐし童(わらべ)
      Leise wiegt dich, deiner Mutter Hand;      母君に  抱(いだ)かれつ
      Sanfte Ruhe, milde Labe,            心地よき  歌声に
      Bringt dir schwebend dieses Wiegenband.    結ばずや  美(うま)し夢

      Schlafe, schlafe, in dem süssen Grabe,      ねむれ  ねむれ  愛に匂う
      Noch beschützt dich, deiner Mutter Arm;    母君の  袖のうち
      Alle Wünsche, alle Habe,            夜もすがら  月冴えて
      Fast sie liebend, alle liebewarm.         汝(な)が夢を  護らなん

      Schlafe, schlafe, in der Flaumen Schosse,    ねむれ  ねむれ  夢に一夜(ひとよ)
      Noch umtönt dich, lauter Liebeston.       朝まだき  覚めてみよ
      Eine Liebe, eine Rose,             うるわしの 百合の花
      Nach dem Schlafe, wird' sie dir zum Lohn.    はほえまん  枕もと


                      [ 2003年1月  音源:SC-88Pro ]