(演奏時間:3分30秒)



愛の喜び (mp3)
Liebesfreude

作曲:フリッツ・クライスラー
 
 昭和22年、それは日本敗戦の翌々年であるが、私は旧制富山高等学校に入学した。この頃はまだ受験参考書は印刷されておらず、私たちはアメリカ軍の空襲で焼けた町なかのバラック建築の本屋で古本の参考書を求め、停電の続く中受験勉強をしたものだ。旧制高等学校の受験はその当時でも非常に厳しく、私の記憶では受験倍率は10倍を超えていたように思う。

 旧制高等学校では、入学後でも勉強は厳しかった。私のクラスの生徒は入学時40名であったが、2年生に進学する際、4名が落第した。私たちには今の高校や大学では信じられないほどの厳しい勉強を求められたのであった。

 だが、私たちはそれぞれにクラブ活動で青春を謳歌した。それは戦争から解放された私たちの自由への渇仰であったのかもしれない。私は音楽部に入部した。入部した驚いたのは、富山高等学校は曲がりなりにもオーケストラを持っていたことである。ほとんどの人が、入部して楽器を初めて手にするのだ。私の場合は金管楽器担当となり、寮へ楽器を持ち帰ってブウブウと練習を始めた。早速同室のものからうるさいと苦情がきた。そこでやむを得ず押し入れに入って練習を続けた。すると隣室の寮生から「壁越しにラッパがうるさい。」とまた苦情がくる。とうとう、私には「ラッパ」というあだ名がつき、やがて多少の音は我慢してくれるようになった。(私の演奏技術が向上したとことも、他の寮生が私に多少とも寛大になってくれた理由かと思う。)

 この寮にはレコード室があり、音楽部のI先輩がこの部屋に一人で住んでおられた。I先輩はそのレコードをよく聴いておられて、私はI先輩からいろいろと音楽解説を受けたものだ。先輩は、入学当時の私に「まずクライスラーの曲を聴けよ」と教えられた。「本来ならマーラーとかブルックナーの曲を勧めたいのだが、最初からそれは無理だろうな。」とのこと。

 早速そのレコードをお借りし、音楽部室にある電蓄(電気蓄音器)で聴いてみた。最初に聴いたのがこの「愛の喜び」であったが、何と甘美なメロディか!  すっかりはまり込んで、何度もこの曲を聴いた。

 昭和22年は食糧事情が悪く、悲惨な寮生活であった。朝食時に昼食用のコッペパンを1個もらうのだが、それは朝食とともに飢えた腹に入る。昼休みには食べるものがないのだ。学校内には食堂も売店もない。泣く泣く水を飲み、運動場に出て芝生に横たわり空を仰ぐ。腹を突き刺すような空腹感。このような状態が1年も続いたのだ。
 そのときでも、音楽は救いであった。クライスラーの曲は、当時、索漠とした心情の私にとって、どれほど慰めになったか。

 私が音楽ソフトとローランド社の音源を購入して、最初に手がけた曲が実はこの「愛の喜び」であった。10年も前のことである。ただその当時には、クライスラーの曲の著作権はまだ有効であり、ホームページに掲載することはできなかった。
 2012年1月、この著作権は期限切れとなったので、ここに掲載する。私にとっては初期の作品で、今聴いてみると不満な点もあるが、10年前の思い出として掲載するものである。この演奏にご不満な向きも、以上の事情を以て了とされよ。


                      [2012年6月 音源:Roland SC-88VL]