(演奏時間:2分05秒)


美しいロスマリ (mp3)
Schöne Rosmarin

作曲:フリッツ・クライスラー
 
 昭和25年春、私は大阪大学に入学した。旧制富山高等学校の音楽部に在籍していた同級生K君も、一緒に入学した。私は早くに大学の寮に入って通学したが、彼は最初から下宿して優雅な学生生活を送っていたようだ。

その彼は昭和26年頃のある時期、兵庫県芦屋市六麓荘に下宿をしていた。この地域は知る人ぞ知る関西有数の別荘地であり、この地名は「風光明媚な六甲山の麓にある別荘地」に因み名付けられたのだそうだ。六甲山の麓とはいっても、結構、山の中腹にあるのだが、当時はバスの便も悪く、うっかり最終バスに乗り遅れると、暗い坂道をとぼとぼと歩いて帰ったと聞かされた。

 ある日彼から連絡があり、六麓荘のある場所で音楽仲間が集まってミーティングを開くので、おまえも出てこいとのこと。どんな仲間が集まるのも判らずに、仰せに従ってその場所に出かけたところ、バイオリンの達者な阪大学生と、ピアノの達者な確か神戸女学院の学生が中心になって、ある曲を皆で合奏しようとの趣旨であった。

 その曲がこの「美しいロスマリン」であったのだ。この曲はバイオリン独奏曲であるが、総じてクライスラーの曲ではピアノ伴奏が大変美しく作曲されており、ピアノ伴奏の女子学生はその曲を美しく優雅に弾いてくれて、楽しい午後の一時を過ごすことができた。私はクラリネットを持って行ったので、何とかその合奏に入りたかったのだが、恥ずかしながらその曲をその時まで知らなかったこと、そして移調楽器であるクラリネットはピアのやバイオリンの楽譜をそのまま吹いても音程が一音だけずれてしまうので、残念ながら演奏者の仲間入りはできず、一聴衆にとどまってしまった。

 今となればその会合で演奏してくれた二人の名前も顔も全く思い出すことができないが、この曲を聴くたびにその楽しかった会合を懐かしく思い出す。K君との交際はそれから60年後の今も続いている。



                      [2012年7月 音源:Roland SC-88VL]