(演奏時間:3分44秒)


愛の悲しみ (mp3)
Liebesleid

作曲:フリッツ・クライスラー
 
 この曲を初めて聴いたのは昭和22年に私が旧制富山高等学校に入学してからのことである。昭和22年と言えば日本が敗戦した翌々年で、大げさに言えば日本には殆ど音楽がなかった。

 かの有名なNHKの「素人のど自慢」が始まったのは昭和21年1月19日で、その司会者は高橋圭三、ラジオで放送された。
この番組に出演する挑戦者は、まず高橋アナウンサーに「あなたは何をお歌いになりますか? 歌謡曲ですか? 歌曲ですか?それとも民謡ですか?」と聞かれるのだ。この頃は「流行歌」という言葉は品がないので「歌謡曲」と言われ、当時にはまだ「演歌」という言葉はなかった。歌曲とはクラッシックの歌のことである。当時はまだアメリカからポップス系の音楽は入っていなかったように思う。そこで、この3分類があれば、当時は全ての歌が区分できたのだ。

 昭和22年頃に歌われた歌謡曲は、その大半が昭和16年頃までに作曲されたものが多かった。昭和21年に作曲された歌で、多少とも記憶に残っている曲と言えば、
   リンゴの歌(霧島昇、並木路子) 悲しき竹笛(近江俊郎、奈良光枝)  帰り船(田端義夫)
程度であろう。
 昭和22年になると、流行歌が次第に作曲されるようになった。
  アイレ可愛や(笠木シズ子) 泣くな小鳩よ(岡 晴夫) 夜のプラットフォーム(二葉あき子) 港が見える丘(平野愛子)
  夢淡き東京(藤山一郎) 山小屋の灯び(近江俊郎)

 昭和22年頃の旧制高等学校の寮にはラジオは殆どなく、ましてやレコードを買える学生はまれで、寮でこのような流行歌を聞いた記憶は殆どないのだ。

 そのような時代に音楽好きの学生ができたことと言えば、戦前に作成されたクラシックのレコードを戦前に作られた電蓄で聴くことぐらいであった。我らが寮「青冥寮」には多数のクラシックレコードが保管されていた。そのレコードを音楽部部室にあった電蓄で聴くのが楽しみであったが、中でもクライスラーの曲は、難しいことを考えずに感情移入のできた、懐かしい曲なのだ。



 クライスラーは1875年にオーストリアで生まれた。ユダヤ系の家系であったので、1938年、ナチス・ドイツがオーストリアを併合した際に故国を離れフランス国籍を取得した。第二次世界大戦の足音が聞こえると、クライスラーはアメリカに移住し、その後1943年にはアメリカ国籍を取得した。
 彼は気の毒にもアメリカに移住後2度交通事故に遭っている。1941年、移住したアメリカで交通事故にあって重傷を負い、一時は再起不能と言われたこともあった。
 1950年にクライスラーは音楽活動から引退したが、1962年1月にニューヨークで再び交通事故に遭い、死去した。

                      [2012年8月 音源:Roland SC-88VL]