(演奏時間:4分23秒)


ラ・カンパネラ  (mp3)
パガニーニによる超絶技巧練習曲集
第3番変ト短調 ”鐘”

作曲: フランツ・リスト

 
 
リストの「ラ・カンパネラ」の主題はパガニーニのバイオリン協奏曲第2番第3楽章から引用されたもので、その美しいメロディは多くの人に知られている。

 このほどある人から勧められて、このリストの手になる「ラ・カンパネラ」のMIDI化を始めた。私も古くから知っている旋律であるから、軽い気持ちで引き受けたが、何ともはや大変なことを引き受けてしまったと後悔したのだが後の祭り。

 それというのも、この曲の右手高音部分は 上加線が7-8本、左手の高音部上加線に到っては10本程度の高音部演奏が続く。私はそんな高音部の符号を見ただけでは何の音か分からないので、加線をたどってドレミファと声を出して読んでいくという情けない始末。従っていったん音を入力すると、楽譜を見ながら入力音のミスを校正することは事実上不可能であった。結局どうしたかというと、入力した状態でコンピュータに演奏させ、和音の異常や音の流れの異常を耳で聞きながらチェックするという方法をとった。

 だが、パソコンの入力は実際のピアノ演奏に比べると遙かに簡単だ。この曲はよく語られるように「悪魔の指」を持った人でないと演奏できないのではないかとつくづく思う。トリルと旋律を片手で同時に弾かせるなんて無茶な話だ。

 折を見て、リストの「愛の夢」を取り上げたい。

                       [ 2001年8月 音源:SC88Pro ]

 このページは、従来のMIDIファイルからWAVファイルに切り替えたので、音質が多少は改善されたと思う。