(演奏時間:6分28秒)


 リ ゴ レ ッ ト (mp3)
コンサート・パラフレーズ

作曲: フランツ・リスト

 


 ベルディのオペラで多くの人が知っているメロディと言えば、「椿姫」の「乾杯の歌」とリゴレットの「女心の歌」であろう。リゴレットの「女心の歌」などは、一体いつ聞き覚えたのか判らないほど、昔から知っていた。

 そのオペラ「リゴレット」の全曲を聴くと、「女心の歌」以外にもよいメロディーがいくつもあることを知った。このオペラのクライマックスは第3幕の後段にあるのだが、私にとっては第3幕第3場の四重唱「愛する美しい乙女よ」が、このオペラでは音楽的なクライマックスに感じられ、何度聞いても飽きない。
 今回アップロードした 「リゴレット・パラフレーズ」 は、この四重唱曲のピアノ向け編曲である。

 ところでリストという作曲家は、他の作曲家の作った名曲をピアノ向けに編曲することにかけては、他のどの作曲家よりも優れた才能を発揮している。
  まず「トランスクリプション」(Transcription) と言う分野で、強いて日本訳すれば「転移変奏曲」と言ったところ。これは交響曲をほぼ忠実にピアノ独奏曲あるいは二重奏曲に転移したもので、私の手元にはベートーベンの交響曲第3番、第5番、第6番、そして第9番、ならびにベルリオーズの「幻想交響曲」のピアノ曲のレコードがある。

 しかしリストの才能はトランスクリプションの分野以上に「パラフレーズ」 (Paraphrase) の分野で、ピアノの演奏技巧とともに音楽的独創性が存分に発揮されている作品が多い。パラフレーズとは、原曲の忠実なピアノ曲向けの編曲ではなく、例えばオペラのアリアや合唱曲を取り上げ自分の音楽感性に従ってメロディーを変奏し、そのメロディーに華麗かつ高度に技巧的な伴奏を加えたものでパラフレーズを強いて日本訳するとすれば「幻想変奏曲」とでもいうべきか。リストはこの分野で多くのシューベルトの歌曲も取り上げている。

 今回取り上げた 「リゴレット--コンサート・パラフレーズ」 は彼の数多くあるオペラ曲のパラフレーズの名曲中の名曲で、多くのピアニストが演奏会であるいはCDで取り上げる曲である。その伴奏部の指遣いはまさに超絶的技巧を必要とする。

 この曲をアップロードすることは正に涙ながらの物語で、一度音符を入力すると、再度楽譜と照合することなどとてもする気になれない。結局は入力した楽譜を演奏して、音の流れに狂いがないかどうか、自分の耳に頼るだけである。楽譜を入力するだけではリストの狙った音楽性を再現することは出来ない。音量やらテンポやらを色々自分なりに考えて入力したが、満足できる結果にはならなかった。

  原曲は素晴らしい曲であるから、是非CDその他で名曲の名演奏をお聴き下さい。

                      [ 2007年4月 音源 :Roland SD90 ]