(演奏時間:3分47秒)


慕わしき御名--リゴレットより  (mp3)
Caro Nome -- Rigoletto

作曲者 : ジュゼッペ ヴェルディ

 ヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット」については、その筋書きも知らないまま、好色な領主マントバ公爵の歌う「女心の歌」で、恐らく昭和20年代から知っていたように思う。

 昭和50年代になって、このオペラ「リゴレット」の全曲レコードを購入して聞いている内に、まず、第3幕第3場で歌われる四重唱「愛する麗しい乙女よ」が好きになった。この四重唱の題名は美しいのだが、四重唱全体の歌詞は、好色なマントバ公爵の恋のささやきとそれを冗談めかしていちゃつくマダレーナのせりふ、その二人の恋のやりとりを影から見ているリゴレットとその娘ジルダのやりとり。これらの4人の台詞が音楽的に見事に絡み合い、4人の歌手がそれぞれに最高の力量を発揮して歌うこの部分は、何度聴いても聞き飽きることはない。だからこそ、リストはこの四重唱を「リゴレット・パラフレーズ」として超絶技巧的なピアノ曲に編曲したのだ。腕に自慢の名ピアニストはこの曲に挑戦して多くの名演奏が生まれた。

 しかし、私はこのリゴレットの中では、第1幕第13場でジルダが歌うアリア「慕わしき御名」が最も好きだ。
 好色のマントバ公爵が学生「グァルティエル・マルデ」に扮して、リゴレットの娘ジルダに言い寄る。ジルダはだまされて「グァルティエル・マルデ」をすっかり好きになり、その恋心を歌ったのが、この「慕わしき御名」なのである。歌詞の逐語訳は、ほぼ、次の通り。

       グァルティエル・マルデ  私が慕うあなたの御名は
       恋する私の胸に 刻み込まれた

       私の心を初めてときめかせた 慕わしきあなたの御名
       あなたは私の心を 愛の喜びで満たしてしまった
       私の思い 私の望みは 永久に あなたの許へと飛んで行くこと
       いまわの息吹の時も 私はあなたの御名をお呼びする

 オペラ「リゴレット」の筋書きを、私は余り好きになれない。リゴレットの娘ジルダは、自分をだましたマントバ公爵をかばって、最後に死んでしまうのだ。余りにも痛ましい。だから、私は台詞を見ないでこの曲を聴く。メロディは実に素晴らしい。聴いていてほれぼれとする。

 この「慕わしき御名」についていえば、私が所蔵するCDの中でも、エディタ・グルヴェロバが歌うこのアリアが絶品だと思う。彼女の清澄な歌声が、最後のカデンツァで「三点ハイC♯」をいとも軽々と歌い上げるのを、私はヘッドフォンで独り密かに聴く。
 私は、間もなく80歳になるというのに、「オペラおたく」状態なのである。


                   
 [ 2009年9月 音源SC-88 VL  編曲:Tad ]