(演奏時間:4分28秒)



椿  姫 (mp3)
ああ そはかの人か (第一幕)
Ah, fors'è Lui

作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
 
 私が最初に聞いたオペラの曲は、「椿姫」の乾杯の歌ではなかったかと思う。大変軽快で明るい歌であったので、すぐにメロディーを覚えた。だが,永らく声楽曲が好きになれず、序曲を除いてオペラそのものを聴くことはほとんど無かった。

 昭和52年(1977年)に,私はオーストラリアの現地法人の責任者として赴任し、その後6年間をシドニーで過ごした。シドニーには貝殻の形をした有名なオペラハウスがある。そして何よりも、コロラチュラソプラノ歌手として有名なジョーン・サザランドの出身地でもある。
 そのような次第でなんとなくオペラを聞くようになったのだが,いつの間にかすっかりはまり込んでしまい、中でもヴェルディのオペラのレコード・CDは数曲を除いてほぼ全部入手した。それらヴェルディのオペラを何度も聴いているが、最もよく聴いたレコードは「椿姫」であった。ちなみに、最も多く舞台で上演されるオペラはこの「椿姫」だそうであるから、私は極めて平凡なオペラ愛好家の一人ということであろう。

 今回アップロードするメロディーは「椿姫 ー 第一幕」で、「娼婦である自分には純粋な恋には縁がない」と思っていたヒロインのヴィオレッタが主人公のアルフレッドに愛を告白され、やがて一人になり「不思議だわ、あの人の言葉が心に染みる。私の心は乱れる。」とレチタティーヴォで、まず歌い出す。次に有名なアリア「ああ、そはかの人か」を嫋々と歌い上げる。ここでヴィオレッタは「ああ、この人なのよ、私が愛していたのは」と歌いやがてアルフレッドの愛を受け入れ、パトロンであった貴族から身を引いてアルフレッドと共にパリの郊外で生活を始めるのだ。

 この部分の歌詞を、ほぼ原文に忠実に翻訳してみる。それというのも、メロディーに合わせて翻訳される日本語の歌詞は、原文の歌詞に比べて半分ほどに圧縮されているからだ。
       ( 歌詞はイタリア語の原文と英語の翻訳を参照した。拙訳・誤訳はご容赦頂きたい。:Tad )

          <レチタティーヴォ>
            不思議だわ,不思議だわ。
            あの言葉が心に染みる。
            本当の愛は私にとって不幸なのかしら。
            貴方はどう思うの、私の困っている心よ?
            これまで、誰も私の心に火を付けなかったわ。
            ああ、喜び。
            私は知らなかったわ
            愛すること、そして愛されることを!
            これを軽蔑できるかしら
            無駄な楽しみの人生を求めて?

         <アリア>
            この方が私の心の人だったの?
            大勢の中で一人淋しく、
            幾たびも歓びながら
            密やかな彩りで私が描いていた人は?

            この方は気を配りながら控えめに、
            私の病室を何度も訪ねて
            私の熱を
            愛の焔に変えて下さったの。

            その愛は
            全世界の鼓動、
            神秘的で気高く迫る
            私の心の苦しみと歓びに。


            女の私には
            あの方のお優しい姿が
            胸を打つ心からの願いなの
            未来の夫だわ

            お空にあの方の
            お美しい姿の光を見る時
            あの方のすてきな過ちが
            私の全てを食べてしまうわ。

            その愛は
            全世界の鼓動、
            神秘的で気高く迫る
            私の心の苦しみと歓びに。

            私の心の苦しみと歓びに。
 
 この後、ヴィオレッタは「自分は今の生活から抜け出せるはずはない」と「花から花へ」と自分の迷いの気持ちを歌うのだが、この曲が実に素晴らしいコロラチュラ唱法で歌われるのだ。そして第一幕は終わる。

 ところで、今でこそ最も舞台で上演されるこの「歌劇ー椿姫」も初演は歴史的大失敗(?)で、聴衆からも批評家からも大ブーイングを浴びたのだそうである。それというのも、作品の完成から数週間しかなくて練習不足、加えて結核で死ぬべきヒロインが実に堂々たる体格であったからだったとは。
 翌年の再演では入念なリハーサルを繰り返した結果聴衆にも受け入れられた。その後上演の都度好評を博するようになり、やがてヴェルディの代表作となったばかりか、世界で最も上演回数の多いオペラ曲となったのだ。


                      [2011.9月 音源:Roland SC-88Pro]