(演奏時間:3分54秒)

巡礼の合唱 (mp3)
”タンホイザー” より

Pilgrims Chorus

作曲:リヒアルト・ワグナー
 
 旧制富山高等学校の音楽クラブは、クラシック音楽に凝り固まったメンバーの集まりであった。時は昭和21~23年、富山は空襲で廃墟と化し、町中はバラックの建物以外には何もなかった。富山駅前には闇市が並んでいた。
 その様な悲惨な状況の中にもかかわらず、富山高等学校生徒会は春には文化祭、秋には記念祭を開催し、各クラブはそれぞれの活動を展開したのだ。

 我が音楽クラブは、その3年間、大胆にもオーケストラ演奏を発表すると共に、クラブ員によるコーラスも発表したのだが、特にコーラスについては、とても凝った選曲がなされた。それというのも、毎回の演奏会のコーラスに、必ずオペラから男性合唱曲を1曲を取り上げたのだ。

 今回紹介する「巡礼の合唱」は、そのようにして選ばれた我らが音楽部のレパートリーの1曲であった。だが、敗戦後2年目の昭和22年には、メロディはおろか曲名すら知っている人はほとんどいなかっただろう。そんな曲の楽譜を、コーラスのリーダーは一体どこで探してきたのであろうか。それをガリ版で印刷して、皆に配布してくれたのだ。

 この曲の中間部は、まるで無調音楽のように各パートの旋律が構成されている。基礎的な音楽教育を受けていないものがこの曲を歌うことは容易ではない。そのような難曲を我々が歌うとまるで下手なお経を唱えているようなもので、歌い終わったときのキーは歌い始めのキーから音がずれてしまうのだ。これを修正するためにに、何度繰り返し練習したことか。
 歌詞は勿論ドイツ語である。そのドイツ語で繰り返した歌ったので、今でも歌詞を見ることなく全曲を歌うことができるのだが、悲しいかなそのドイツ語歌詞を日本語に翻訳することは今ではできない。

 この曲を指揮してくれたリーダーは大沼鉄郎氏である。卒業以来一度だけこの先輩にお目にかかったが、その後は残念ながら所在不明だ。ご存命であれば、是非お目にかかりたいのだが。


                      [2012年10月 音源:Roland SC-88VL]