(演奏時間:3分51秒)

ワルツ 第9番  (mp3)
「別れのワルツ」

作曲: フレデリック・ショパン
 
 敗戦の翌年、昭和21年の秋、私はある機会に林昌一という方にお目にかかった。その頃林氏は旧制富山高等学校の3年生で、いつもマントに下駄という服装であったが、当時珍しかった洋楽レコードを小脇に抱えて喫茶店に入ってはそのレコードを聴いていた。

 当時私は中学校4年生であったが、林氏から聴かされたのがアルフレッド・コルトーが演奏するショパンの「ワルツ集」であった。氏の影響を強く受けた私は、敗戦直後ではあったが熱心に受験勉強に励み、幸いにして富山高等学校に入学でき、早速に音楽部に入部したのである。

 林先輩の影響で、ショパンのワルツはその後もよく聴いた。愛聴した演奏家は数にすれば10人を下らないだろう。今でも手元に7-8種類の「ワルツ集」があると思う。今よく聴くのはアシュケナージとアラウの演奏だ。

 「ワルツ集」には華麗なワルツが幾つもある。だが、今ではこの「別れのワルツ」が最も好きだ。このワルツ第9番は日本では「告別」とも呼ばれているが、私には原題通り「別れのワルツ」と呼ぶ方がふさわしいように思われる。


 1835年の夏、当時25歳であったショパンはドイツのドレスデンに立ち寄り、ある貴族を訪問した。その貴族には幼なじみの19歳になる美しい娘がおり、再会したショパンは彼女を愛するようになった。焼けつくような恋の後、結局ショパンは彼女と別れることになった。

 別れに際して、ショパンは彼女に1曲のワルツを贈った。彼女はこの曲を「別れのワルツ」と名付け、愛したという。ショパン自身も彼女との想い出のために、存命中はこの曲を発表せず、自らの手文庫の中に深くしまい込んでいたという。ショパンの没後、この曲は遺稿として発表された。

 優雅でしかも憂愁の雰囲気を持つこの旋律は、今聴いても、初めて林先輩のレコードを聴いた56年前の私自身の少年時代を思い起こさせる。

                       [ 2001年7月 音源:SC-88Pro ]