(演奏時間:2分15秒)

ワルツ 第11番  (mp3)
Op.71-1

作曲: フレデリック・ショパン
 旧制高校時代、ショパンのワルツ集は実によく聴いた。一つには私が寄宿していた寮に、このレコード集があったからであったが、何よりもショパンのワルツがもつもの悲しさが多感であった私の少年時代の心情に強く訴たえたからであった。

 ショパンのワルツ集の中で、「別れのワルツ」とこの「11番」が私の好きな曲である。特にこの曲の中間部のメロディを聞くと哀愁の情が惻々と胸に迫り、当時の心象風景が今も脳裏に蘇える。


            晴れた冬の夕方、落日に照り映える立山連峰の白雪はバラ色に輝く。
            寮の近くにある神通川の水は黒く重く流れる。
            その川にかかる「萩浦橋」の欄干は壊れたままだ。
            雪の残る橋の上を黒マントを着た学生たちが下駄履きで歩く。
            常に空腹であった彼ら。
            だが、夢は多かった。


 解説書によれば、この曲はショパンが25歳の時に作曲されたとか。演奏の容易ではない手の込んだ作品だが、内容的には希薄であるという。だが曲の構成はともかくとして、このメロディーの持つ青春の哀愁は、私にとっては何物にも代えがたい思いがする。

 このワルツはどのCDを聞いても、もっと速く演奏されている。私はこの速さがよいと思うが、ショパンコンクールでは指定速度で演奏しないと上位に入選できないのだそうだ。

                      [ 2001年8月 音源:SC-88Pro ]