(演奏時間:2分27秒)

練習曲 作品10番 第12  (mp3)
革  命

作曲:フレデリック・ショパン

 
 私が旧制富山高等学校3年生であった昭和24年(1949)、「楽聖ショパン」というアメリカ映画が富山市内で封切られた。ショパンの映画とあれば、クラシックファンとして、私は見ないわけにはいかなかった。今となってはその筋書きも殆ど覚えていないが、あらましは次の通りであったか。

 革命騒ぎのポーランドをピアノ教師と共にパリに去ったフレデリック・ショパンは、ある機会にフランツ・リストと親交を結ぶようになる。やがて、リストの好意でショパンは独奏会を開くことになった。その演奏会の日、ショパンの親友である革命の同志12名が逮捕され、そのうちの1名が死んだという報せを受けた。

 祖国では、自らの身命を賭してロシアの圧政から独立しようと戦っている同志に引きかえ、自分は平和なパリでピアノを弾いている。悲しく後悔の思いでショパンは滂沱と涙しながら、独奏会のステージでこの練習曲「革命」を演奏していた。

 後半の筋書きを想い出すことはできないが、コーネル・ワイルド(?)演ずるショパンの舞台姿だけは今でも脳裏に刻まれている。
 ショパンの音楽は、モーツァルトの音楽と共に、終生私を離れることはないだろう。

 先日インターネットで検索すると、「楽聖ショパン」のDVDが69%割引で販売されていることを知った。早速注文するつもりである。
                     [ 2006年3月 音源:MU2000]