(演奏時間:4分11秒)

練 習 曲  作品10-3  (mp3
(別れの曲)

作曲:フレデリック・ショパン

 
 この曲を、私は一体いつ聞き覚えたのであろうか。おそらく昭和21年頃、旧制富山高等学校の音楽部の先輩にいろいろ聴かせていただいたレコードの中に、この曲があったのではなかろうか。だとすれば、私が富山高等学校に入学する1年前のことで、今から60年前のはなしだ。

 この曲にまつわる想い出として、富山高校在学中にみた白黒映画でショパンの伝記映画「別れの曲」のあるシーンが今も脳裏に焼きつている。それはショパンがパリの演奏会でモーツァルトの曲を演奏中に、故国ポーランドをロシアの圧政から解放しようとして戦っている仲間の事を思いだし、突如として「練習曲・革命」を弾き出したのだ。ショパンが涙しながら「練習曲・革命」を弾く背景に、ロシアが占領するポーランドの情景が重なって映し出された。当時我々は敗戦後アメリカによって占領されていたから、このシーンは我々の心情に強く訴えた。

 ところが、そのようなポーランド独立闘争のシーンと映画の題名「別れの曲」との関係が私の記憶の中では 全く結びつかない。
 あるいはとの思いでアメリカ映画のショパン伝記「楽聖物語」のDVDを購入して1時間半ほど見てみたたがこの映画は私の記憶にかすかに残る筋立てとは全く異なる。一体私がみた映画「別れの曲」はいつ頃どこで作られた作品なのか。

  そこで私はインターネットで必死に検索したところ、二つの情報が入手できたので、かいつまんで紹介する。
 
 その一つは「goo・映画」の「解説-あらすじ 別れの曲」からである。これによると、この映画は1934年のドインス作品だとのこと。ショパンは祖国愛に燃え、時いたらば銃を手にするつもりでいるが、ショパンの音楽教師エルスナーはショパンの音楽才能を惜しみ、ショパンの恋人コンスタンティアに相談して、ショパンをパリに連れ出した。ショパンはポーランドを離れるに当たり、パリでの音楽活動が成功したら必ずコンスタンティアを迎えに来ると約束した。パリで、ショパンはフランツ・リストとジョルジュ・サンドとの後援により成功する。パリはショパンを音楽家として迎えたのだ。ショパンの成功を知って、コンスタンティアはパリに出てきたが、ショパンがジョルジュ・サンドと恋仲であることを知った彼女は、ショパンを諦めてひとり淋しくポーランドに帰る。このラスト・シーンで「別れの曲」が奏でられたのであろう。
 
 他の一つは「小説、文学作品と映画、洋画と邦画の紹介」というサイト上で、寺田虎彦の随筆「映画雑感−別れの曲」が、私の記憶に残っていたこの映画の演奏会シーンをさらに詳しく紹介し、映画技法からみた批評を述べている。この批評によると「(このシーンは)別に映画では珍しくもない技巧であるが、しかしこの場合にはこの技巧が同時に聞かせる音楽と相待ってかなりな必然性をもって使用されており、これによってこうした発声映画にのみ固有な特殊の効果を出している。」とのこと。私の記憶にこのシーンだけが今も生々しく残っているのも、あるいは当然のことかもしれない。

 このような情報が手に入ってくると、どうしても1934年のドイツ映画「別れの曲」を見たくなる。しかし、インターネット上でいくら検索しても、この映画のDVD に関しては何も手がかりがなかった。ああ、何とかしてこの映画をもう一度見てみたい。

 なお、私の古い記憶を洗い直していただいた「goo・映画」と「小説、文学作品と映画、洋画と邦画の紹介」の2サイトに、心からのお礼を申し上げます。

                   [ 2007年11月 音源 :YAMAHA MU2000 ]