(演奏時間:10分10秒)


ス ケ ル ツ ォ 第1番  (mp3)
作品 20

作曲: フレデリック・ショパン
 
 ショパンのスケルツォやバラードをしみじみと聴くようになったのは、昭和52年頃、私がオーストラリアのシドニーに駐在していた時であった。

 その時に購入したレコードは、フィリップスのレコードでロシア人のニキータ・マガロフの演奏によるものであった。現在、この人が演奏したCDは日本ではほとんど見られないが、1970年頃、オーストラリアではフィリップスから彼の演奏するショパン・シリーズが、きれいな花のカバーで発売されていた。

 ショパンといえばワルツやノクターン以外には殆ど知らなかった私にとって、このスケルツォはからとても鮮烈な印象を与えられた。その重々しい曲想、大変な演奏技巧、演奏時間のどれをとっても「まじめな曲」としかいいようがない。

 「スケルツォ」とは「冗談めいた」などの意味があるが、シューマンは「(冗談)でさえこれほど陰気な装いをするとすれば、まじめなときは一体どんな服装をすればよいのだろうか」といっている。全くシューマンの意見通りと思う。

 ショパンのピアノ曲には、はっとするような美しいメロディに出会うことがある。この曲の中間部のモルト・ピウ・レントのメロディもたとえようもなく美しい。だが、その美しさは喜びの美しさでなく、悲愁に満ちた美しさであるように思われる。それは彼が常に病魔に悩まされたせいであるのか、あるいは祖国ポーランドをロシア、プロシャ、オーストリアに奪われた青年の憂国の情によるのであろうか。

 18歳の高校生の時に聴いたショパンも、45歳の会社員の時に聴いたショパンも、私にとっては常に「悲愁に満ちたロマンス」の音楽であった。

                      [ 2003年4月 音源:MU2000  ]