(演奏時間:0分37秒)

プレリュード 作品28 第7番  (mp3)

作曲:フレデリック・ショパン

 この曲は、小節数がわずかに16小節、おそらくショパンの作品の中でもっとも短い曲であろう。その故にか、この曲はプレリュード全集以外ではレコードも少なく、演奏会でも耳にすることはほとんどない。
 最近になって、この曲がある薬品会社のコマーシャルのBGMとして流れるようになり、それでこのメロディを知る人が増えてきたが、曲名を聞いてまさかショパンがという。

 ショパンの曲をバレーで踊りたいという試みは20世紀の初めごろロシアで始まり、1909年にロシアのセルゲイ・ディアギレフという舞踏家がパリで初公演した。その時にオーケストラで演奏されたショパンのバレーダンス用変奏曲が「風の精:レ・シフィード」と呼ばれる曲で、ロイ・ダグラスの手になるものである。

 この「レ・シルフィード」の冒頭を飾る曲が、ほかならぬこの「プレリュード 作品28-7」なのである。私はピアノ曲でなく、「レ・シルフィード」の方でこのメロディーを30年ほど前から知っていた。

 今手元には、デッカ (EMI) から発売された、オーストラリア出身のリチャード・ボニングの指揮によるレコードがある。この曲を聴くと、20年ほど前のオーストラリアでの生活が懐かしく思い出される。

                     [ 2001年12月 音源:SC-88Pro ]