(演奏時間:4分16秒)

ノクターン 第2番  (mp3

作曲:フレデリック・ショパン


 
 ショパンの想い出の中では、フランス映画「別れの曲」を見逃す事はできない。

 私が旧制高等学校の生徒であったのは戦後まもなくのことで、そのころ戦前のドイツ映画やフランス映画が再上映され、それらを貪るようにして見たものであった。そうした映画の一つに、ショパンを主人公にした「別れの曲」があった。

 今となっては、その映画の詳細な筋書きは忘れてしまったが、ショパンがワルシャワに残した恋人コンスタンツェが成功したショパンをパリに訪ねると、ショパンはジョルジュ・サンドと恋仲にあり、傷心のコンスタンツェはショパンが彼女のために作曲した「別れの曲」を胸に、ワルシャワに帰るというあらすじではなかったろうか。

 ショパンがパリに滞在していた頃、ロシアがポーランドを併合した。故国ポーランドで彼の友人たちがロシア軍と戦っていることを偲びつつ、彼が「英雄ポロネーズ」を涙しながら弾いているシーンを今も忘れることはできない。

 この映画の中で、ショパンがノクターン第2番を弾いていたかどうかは、記憶に定かではない。だが、このノクターンはそのころから知っていた古い懐かしい曲である。
                     [ 2001年12月 音源:SC-88Pro ]