(演奏時間:5分00秒)

幻 想 即 興 曲 (mp3)
作品 66

作曲: フレデリック・ショパン
 いつの間にか耳から入り込んで、知らない間にそのメロディを潜在的に記憶している曲が、ショパンの曲には多い。それだけショパンの曲は美しく、感傷的であると言うことなのだろう。この幻想即興曲も、名も知らないまま、そのようにして覚えた曲の一つである。

 この曲名を知ったのは、昭和48年頃、新宿のとあるクラブでピアニストが演奏していたときのこと、この曲の中間部が演奏されたのが耳にとまり、演奏後に曲名を尋ねた事を想い出す。ショパンには申し訳ないが、演奏会場でもなく、レコードを聴いてでもなく、クラブで曲名を知ったのは、クラシック曲に関する限り、この曲が最初で最後であった。もう、30年も前のことになってしまった。

 この曲を数年前にMIDIにしようと思い、楽譜を見て驚いた。何と、第1部と第3部の殆どの小節で、メロディは16分音符、伴奏は8分三連音符になっている。これは簡単に言うと、右手は4拍子で、左手は3拍子で演奏する事になるのだが、私にはそんなことはとても出来そうにない。 それをピアニストは軽々と弾いてしまうのだから、ピアニストはたいしたものだと感心している。

 この曲では、メロディの音量と伴奏の音量のバランスに気を遣って入力したが、音源と専用スピーカーを使用して耳にする音量と、パソコンのスピーカーを通じて耳にする音量とでは、かなりの差がある。この曲を聴いていただいている方々のパソコンで、私の意図通りの音量バランスで聴いていただけることを願っている。

                      [ 2006年5月 音源:MU2000]

(現在、この曲は「mp3」形式でアップロードしているので、「MIDI」形式でアップロードしていたときよりも音質は改善されていると思う。2008.6月)