(演奏時間:4分16秒)


子 守 歌  (mp3
作品 57

作曲:フレデリック・ショパン

 子守歌は英語では Cradle Song (ゆりかごの歌)または Lullaby (寝かしつける歌)、ドイツ語では Wiegenlied (揺りながら寝かしつける歌)、フランス語では Berceuse (ゆりかごの歌) と、親が幼子に歌い聞かせながら眠りに誘う歌のことで、何らかの歌詞があるのが当たり前であろう。
 しかし「ショパンの子守歌」には全く歌詞がない

 私にとってこの歌は最も甘美で優雅な子守歌と聞こえる。あまりにも美しいので、眠るどころか、つい聴き入ってしまう。メロディは単純、伴奏もワンパターン。しかしその単純なメロディーが約4分の間に19曲の変奏曲にアレンジされており、何度聞いても飽きが来ない。

 優美であるが感傷的なメロディーの多いショパンの曲の中で、この子守歌はひたすら美しく愛に満ちているよい曲である。

 誰かにこの曲を演奏してもらいながら、春の日の午後、一時のまどろみに入りたいと思っていたが、ついぞそのような機会には恵まれなかった。

 この曲は1844年に作曲されショパンの弟子であるエリーゼ・ガブール嬢に献呈されたと記録されている。
                     [ 2005年2月 音源:MU-2000]