(演奏時間:3分50秒)


練 習 曲  作品25 第11番 (mp3)
(木枯らし)

作曲:フレデリック・ショパン

 
 シ
ョパンの練習曲≪作品25第11番≫は、「木枯らし」または「冬の風」とも呼ばれている。その理由は恐らく、主に右手で弾かれる伴奏が連続する三連十六分音符からなり、それがあたかも木枯らしに吹かれる落ち葉の葉擦れの音のように聞こえるからであろう。

 しかし私には、この曲の主に左手で弾かれるメロディが、「木枯らし」と呼ばれるには余りにも重々しく、むしろ悲劇的でさえあると思われ、長らくこの別名に何となく違和感を感じていた。

 ところで、私は「私の音楽ノート」の「練習曲作品10-3 (別れの曲)」の中で、1934年にドイツで作成された映画「別れの曲」が何とかして見たいものだと、はかない願いを書いておいた。ところが富山にご在住のU氏から、私のこのホームページをご覧になって「その映画を持っているからお貸しします。」と有り難い申し出を頂いた。
 早速この映画をお借りして拝見したが、次の二項目について私の感想を申し上げたい。


 私の記憶でによると、「ショパンはパリでの最初の演奏会の直前に、母国ポーランドがロシアからの独立のために革命を起こしたことを知り、ロシア兵と戦う親友たちのことを思い浮かべながら滂沱と涙して≪練習曲(革命)≫を演奏した」のであったが、お借りした映画の中で、実はショパンは≪練習曲(木枯らし)≫を涙しながら弾いていたのであった。
 私は50年間、ショパンの演奏曲名を間違って記憶していたのだ。ところが、どうやら私の潜在意識の中では、≪練習曲(木枯らし)≫をこの映画の演奏場面と関連づけて記憶していたらしい。だからこそ≪練習曲(木枯らし)≫の旋律に私は悲劇的なものを感じ、この別名に何となく違和感を持っていたのだろう。

 映画の結末部分で、ショパンの音楽教師エルスナーは、パリの演奏会で名声を博したショパンのもとへ、ショパンのポーランドでの恋人コンスタンチアを呼び寄せたのだ。ところがそのときショパンはすでに男装の小説家ジョルジュ・サンドと恋仲になっていた。パリに到着したコンスタンチアに、ショパンはなぜパリに来たのかと尋ねる。ショパンがサンドと恋仲になっていることを知ったコンスタンチアは、ショパンの幸せのために自ら身を引くことを決心し、旅行の途次にパリに立ち寄っただけだと返事をする。コンスタンチアの憐れな心情を知った音楽教師エルスナーはコンスタンチアと共に、その翌日、ポーランドへ帰ることとしたのだ。

 ああ今時、自分が愛する人の幸せのために、自分の愛をあきらめて、恋人を新しい愛人に譲るなどということがあるだろうか。 これぞまさに「別れの美学」であるとしみじみと感じた。  

 私がこの映画を見たのは1946年頃であるから、それから半世紀以上が過ぎた。半世紀とは実に長い時間である。その間に私の記憶は茫々と薄れた。わたしの価値観も人生観も、時代の変遷と共に変わっていた。
 だがこの1932年版「別れの曲」という映画は、私を一挙に半世紀前の私の青春期に連れ戻してしまった。私たちの世代は、このような「別れの美学」に共感できる、初々しい感性を持った世代だったのだ。

 Uさん、映画をお貸し頂いて有り難うございました。自分の青春時代をしみじみと振り返ることができました。
                    [ 2008年8月 音源 :YAMAHA MU2000 ]