(演奏時間10分52秒)

ドナウ川のさざ波 (mp3)
Donauwellen

作曲: イオン・イワノビッチ

  
 昭和初期にクラシック音楽を聴くけるのは、家に蓄音機があり高価なレコードを買える家に限られていた。

 ラジオでクラシックを聴けたのでないかという疑問があるかもしれないが、当時ラジオからは浪曲、講談、落語、長唄はよく流れたが、クラシック曲などは1ヶ月に1回か2回程度しか流れなかった。第一、クラシックレコードの種類が少なく、生演奏を聴くにも日本にオーケストラはせいぜい2−3団体しかなかっただろう。

 そんな時期、たまにラジオから流れるクラシック曲はいわゆる「軽音楽」と称する通俗的な西洋音楽で、その代表的な曲が「ドナウ川のさざ波」であり「波涛を越えて」であった。あるいは「犬と口笛」もこの範囲に含まれるだろう。これらの曲を知っているだけで教養があるとされた時代、それが昭和初期であった。

 その頃、国民型受信機というラジオがようやく一般家庭の中に入りだした。詳しいことは省略するが、ケースの中に真空管が4本あり再生式という受信方式で、スピーカーは出力0.1ワット程度のマグネチックスピーカー、およそ音質を論ずる以前の、音さえ大きく出ればよいという代物であった。

 だが、蓄音機が一般家庭に普及していたとは覚えていない。流行歌はカフェーか食堂でレコードをかけて聞いていたのであろう。その昔軽音楽として愛聴されたこの「ドナウ川のさざ波」も「波涛を越えて」も、今では耳にすることは殆どなくなってしまった。


  
 この曲の作曲者「イオン・イワノビッチ」は19世紀末から20世紀初頭にかけて、ルーマニアの軍楽隊の指揮者兼作曲家であった。彼の作品は数曲が知られているが、現在聞かれるのはこの曲と「カルメンシルバー」だけである。極端にいえば、イワノビッチは「ドナウ川のさざ波」1曲で世界中に知られるようになったのだ。
                         [ 2004年2月  音源:MU2000 ]