(演奏時間11分32秒)

ウィーンの森の物語 (mp3)

作曲: ヨハン.シュトラウス

  
 ヨハン・シュトラウスも忘れられない作曲家の一人である。

  昭和21年秋、ようやくレコード屋が空襲の焼け野が原の中に店を開いた。よく売れたレコードは多分「リンゴの歌」であったろう。

 そのレコード屋の棚の中にシュトラウスの「喜歌劇・こうもり」があった。多分それ以外には余りクラシックのレコードはなかったと思うが、それを聴いたのが最初のシュトラウスの曲であった。「こうもり」がなぜオペレッタの主題になるのか当時は解説書もなく、「こうもり」があるのなら「とかげ」もオペレッタにあるのかと、馬鹿なことを考えたものだった。
 その後、シュトラウスの曲は色々と聞いた。軽快で楽しく聞ける反面、クラシックの重みがないと、いささか軽く見ていたこともあった。

 しかしレコードが出回るようになってシュトラウスのレコードをみると、高名な指揮者がどんどんと録音しているではないか。気が向くままに買いためたウィンナ・ワルツのレコードやCDは何10枚にもなる。

 今では新年のウィーでの音楽祭にわざわざタキシードや夜会服を着て、日本人が大勢年末にウィーンに出かける有様。私は専らテレビの桟敷席でウィンナ・ワルツやポルカを鑑賞することにしている。

 年始に当たって、私もいささかシュトラウスに敬意を表して「ウィーンの森の物語」をアップロードする。演奏時間が10分を超える長曲だが、ADSLがどんどん普及している昨今であるから、お許し頂けるであろうか。

                      明けましておめでとうございます。

                      [ 2003年1月 音源:SC88 VL  ]