(演奏時間:14分03秒)

美しく青きドナウ  (mp3)

ヨハン・シュトラウス二世
 昔の女学校の音楽の先生の中には、当時の上野音楽学校(現在の東京芸大)の卒業生がいた。私の従姉妹達が通っていた岐阜県立加納高等女学校にもその様な音楽の先生がおられて、熱心に音楽教育を実践していた。

 年に1−2回開催される校内音楽会では、学年単位で様々な音楽発表があったらしい。この時期が来ると、私の従姉妹は我が家にやってきて、コーラスの曲を私に向けて毎日のように聴けという。

 それらの曲はあるいは「花」であり、「荒城の月」であり、さらには「流浪の民」であった。そして姉の方は「青きドナウ」のコーラスに熱を入れだし、日曜ともなれば朝な夕なに耳許で「はるかに、はてなく」と歌い出す始末。
 当時私は小学校の6年生であったと思うが、これがかのヨハン・シュトラウスの名曲とも知らず、耳許でわめき立てるうるさい歌程度の印象しかなかった。

 戦後になって、これらの曲がラジオから聴かれるようになって、初めてその作曲者がシュトラウスであることを知ったような次第である。

 今、毎年の元旦にウィーンで開かれる「ニューイヤー・コンサート」ではこの曲が必ず演奏され、私にとってはこの曲をライブ放送で聞いて始めて正月を実感するようになった。

 この演奏を聴きながら、50余年前に従姉妹達がコーラスを歌っていた状況を遙かに懐かしく想い出すのが、私にとっての恒例の新年行事となっている。



                     [ 2003年1月 音源:SC-88 Pro  ]