(演奏時間:13分21秒)

皇 帝 円 舞 曲 (mp3)

作曲:ヨハン・シュトラウス
                  


  〜〜ワルツを「円舞曲」と翻訳した人はいったい誰なのか。3拍子のリズムでくるくると円を描くように軽やかに舞う様は、まさに円舞である。〜〜

 こんな事を考えながら「皇帝円舞曲」を聞いたのは旧制富山高等学校のころであったから、今から60年前のことになる。

 この曲の出だしは行進曲、金属製の軍帽をかぶり、赤い上着の制服で威風堂々と演奏行進する儀仗軍楽隊、 その後を皇帝と皇后が4頭立ての馬車に乗って宮廷に向かう。宮廷に到着した皇帝・皇后は、馬車を降りて大ホールへと歩む。大ホールにはきらびやかに着飾った貴顕紳士・淑女が皇帝・皇后の到着を待っている。皆の出迎えを受けた皇帝・皇后は、やがて宮廷管弦楽団の演奏する円舞曲に合わせてワルツを踊る。次第に踊りに加わる人も増え、ワルツも時に速く、時にゆるやかに、踊りの途絶えることはない。そこにあるのは豪華・絢爛の社交場だ。

 これは私が旧制高校1年生の頃の妄想 (Day Dream) である。

 富山高等学校に入学したのは昭和22年、日本敗戦後3年目であった。故郷岐阜を離れ、富山では寮生活 であった。食料は全て配給で、特に昭和22年はひどいものだった。寮の朝食はどんぶり一杯の飯と漬け物、それにみそ汁が1杯であった。朝食時に、昼食用としてパンが1個ついているが、それは食欲旺盛な我々にとっては朝食の一部で、すぐに食べてしまう。やがて昼になると食べるものがない。通学する生徒は家から持参の弁当を教室で広げて食べる。寮生には食べるものが何もない。そこで水を飲み、天気であれば運動場に出て、草むらに寝そべる。
 胃袋を突き刺すほどの空腹に耐えながら空を仰ぐ。その時に、なるべく明るいメロディの音楽を思い出しながら、空腹を忘れようとする。これこそまさに「Day dream(昼の夢)」である。皇帝円舞曲はそのようなときに頭に浮かぶ曲の一つだった。

 夕方5時には夕食である。朝と同じ献立に何か一品がつくのだが、魚などを食べた覚えは殆どない。その後、家から持ってきた米を七輪と飯盒でたいて、味噌を塗って食べる。米のない者は、誰かの部屋に潜り込んで、一宿一飯の恩義に与る。潜り込んできた者に食事を与えるのは辛い。だが、何時自分が同じ立場に立つかもしれない。涙を呑んで「潜り込み」に食事を分配する。

 風呂などは半月に一度銭湯に行くか行かないかであった。お金がないのである。番台のお上さんは我々を見ると、汚いものを見るような顔つきで、浴場で洗濯をするなとだめ押しを言う。当時は洗濯石けんで身体を洗ったものだ。

 昭和22年の寮生活は、貧しくひもじく窮乏の極で、食事生活は原始共産主義そのものであった。だが、間違えないで欲しい。当時の旧制高校生には夢があった。薄暗い電灯の下で、哲学を語り、人生を論じ、政治を議論した。志が高ければ、青年は現実の苦労を克服できるものと、今でも思う。

 窮乏の極の寮生活と華麗の極の宮廷生活。いま「皇帝円舞曲」を聴いて、辛かった青春時代を、つい想い出してしまった。
               [ 2005年10月 音源:MU2000 ]