(演奏時間10分06秒)


南国の薔薇 (mp3)

Rosen aus dem Süden

作曲:ヨハン・シュトラウス II
 
 昭和22年、それは日本がアメリカに敗戦した翌々年のことであるが、市中のあちこちで、立ち直ろうとする経済の動きがかすかに見えるようになった。私の家族は岐阜市に住んでいたので、学校の休日といえば「柳ケ瀬」に出かけ、映画を見たり書店に行ったりしたものだ。柳ケ瀬にはレコード店があった。その当時レコード店で買うものといえばレコード針やレコ-ドブラシ程度で、レコードそのものはようやく流行歌のレコードがプレスされだした。

 そのような頃、レコード店の店頭に珍しくもシュトラウスのワルツが置かれていた。それらは「南国の薔薇」と「天体の音楽」であったが、どちらかというとあまりポピュラーでないこれらの曲が、なぜ敗戦後の初期にプレスされたのか、今から考えるといささか不思議である。それはともかく、なけなしの小遣いの中から無理をしてこれら2枚を購入した。

 当時、レコードは”S盤”と”L盤”があり、S盤は片面の演奏時間が約3分、L盤は約5分であった。これらの2曲はリピートを省略して演奏時間は約10分であるのでそれぞれL盤で裏表に1曲がプレスされていた。

 今の人たちに理解できないだろうが、当時のレコードの素材はシェラックと呼ばれるカイガラムシの分泌物であって、それ以外に熱硬化性の樹脂は当時にはなかったのだ。ただこのシェラックの粒子は粗く、レコードを演奏すると、無音部でも針と盤のすれる音が聞こえる。また針を通じて音に変換する部分を ”ピックアップ” と呼んでいたが、これが結構重く、L盤を裏表演奏すると、鉄製の針の先端が目に見えてすり減っている。この鉄針が戦時中は鉄不足で供給されなくなり、竹針を使うようになった。この竹針は針先が減ってくると、特殊な鋏で竹針の先端を切り取るとまた使用できるようになる。中には竹針の方が音が柔らかいという人もあり、昭和18年頃から22年頃まではもっぱら竹針でレコードを聴いたものだ。

 昭和30年頃になると、プラスティック製のレコード盤が出現し、素材の粒子が細かいことと、カートリッジの針としてサファイアなどの宝石を使用することで、レコード盤1枚の裏表で1時間も演奏を聴くことができるようになった。そのようなレコード盤を当時は ”LP盤”と呼び、1枚が月給の20% 程度の価格、それに電気式のプレイヤーを購入する必要があったので、なかなか貧乏サラリーマンには高嶺の花であった。

 ”南国の薔薇” を聞くと、今でも雑音とともに手回し蓄音機から聞こえてくる旋律が思い出される。それは60年ほど昔の話となってしまった。
                      [2012年12月 音源:YAMAHA MU2000]