(演奏時間:4分19秒)


 愛 の 夢 第3番 (mp3)
  A Dream of Love

作曲: フランツ・リスト

 
 
リストといえばハンガリー狂詩曲しか知らなかったが、オーストラリアに6年間駐在している間に、彼のレコードをのめり込む程集めた時期があった。

 リストはなぜかオペラの「パラフレーズ」をピアノ曲用に数多く作曲している。「パラフレーズ」という用語については日本語の定訳がないようであるが、他の作曲家のメロディーを変奏曲として作曲したものである。
 このほかに「トランスクリプション」という交響曲などをピアノ曲にほぼ原曲に沿って編曲したものもリストは数多く取り上げている。リストが取り上げた作曲家はバッハ、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、ベッリーニ、ドニゼッティ、ロッシーニ、ベルディ、シューマン、ワグナーなどと多岐にわたっている。私は特にベッリーニとドニゼッティ、それにベルディのパラフレーズが好きで、これらの曲をレコードとCDで、多分、全曲持っていると思う。

 中でもベッリーニの曲を主題とした「ヘクサメロン」というピアノ曲は、リストの提案で5人のピアニストが共同で作曲したもので、参加したピアニストにはリスト、ツェルニー、ショパンが含まれている。このCDはイタリアの「NUOVA ERA」というマイナーレーベルで、この曲を日本で探すためにあちこちの輸入CDショップの棚をのぞき廻った。

 この「愛の夢」は3つの夜想曲の中の1曲で、原曲はリスト自身が作曲した声楽曲「おお、愛しうる限り愛せ」のピアノ用編曲である。リストはこの曲の他、数多くの声楽曲をピアノ曲に編曲している。



 2年程前、ある方から「ラ・カンパネッラ」、バッハの「カンタータ147番より」及び「愛の夢第3番」のピアノ譜を頂いた。前者2曲は既にこのホームページに掲載しているが、遅ればせながらこのほど「愛の夢第3番」も掲載する運びとなった。

 Pさん、遅くなって申し訳ありませんでした。

                      [ 2004年3月  音源:SC-88 Pro ]