(演奏時間:9分01秒)


 ハンガリー狂詩曲 第2番 (mp3)
  Hungary Rhapsody No.2

作曲: フランツ・リスト

 

 日本敗戦後、アメリカ映画が日本に輸入されだしたのは昭和22年頃からと思う。そのころの映画はいずれも白黒映画で、画面サイズも今とは異なり縦横比が3対4の小さなものであった。そのアメリカ映画を、少ない小遣いの中から映画代をひねり出して、貪るように見に行ったことを記憶している。

 そのような映画の中に「オーケストラの少女(原題 :100 Men and a Girl )」があった。この映画は1937年に制作されたもので、われわれは戦後になって戦前のアメリカ映画を見たことになる。この映画で、私はリスト作曲「ハンガリー狂詩曲第2番」のオーケストラ演奏を初めて聴いたのであった。

 宣伝するわけではないが、最近発売されたこの映画のDVDから、映画のあらすじを紹介する。

 失業中のトロンボーン奏者(アドルフ・マンジュー)を父に持つ少女(ディアナ・ダービン)は、父を再びオーケストラで演奏させようと懸命に奔走する。世界的指揮者のレオポルド・ストコフスキー(本人出演)に近づき、更に気まぐれな金持ち婦人の言葉を信じて、失業中の楽士ばかりのオーケストラを結成してしまう!しかも、その指揮をストコフスキーの頼むのだった!天才美少女歌手ディアナ・ダービンの美しい歌声と、数々の名曲に彩られた、アメリカ映画市場に残る音楽映画の傑作。

 筋書きは単純にして明快、失業楽士オーケストラをカーネギーホールでストコフスキーの指揮で演奏させるまでの、挫けそうになっても明るさを失わない少女(ディアナ・ダービン)のひたすらな努力物語である。

 しかし、私はチャイコフスキー「交響曲第5番」、リストの「ハンガリー狂詩曲第2番」、モーツァルトの「ハレルヤ」などを、ストコフスキーの指揮によるオーケストラ演奏(フィラデルフィア交響楽団)として初めて聴いたのである。中でもワグナーの「ローエングリン」の演奏で管楽器合奏の咆哮にはどぎもを抜かれた。 
 またディアナ・ダービンが歌うベルディの「ラ・トラビアータ」には、世の中にこれほどの美声の持ち主がいるのかと、我を忘れるほど感激したのだ。
 指揮棒を持たずにオーケストラをリードするストコフスキーの指揮スタイルには、メロメロだった。

 本来、このページはリストの「ハンガリー狂詩曲第2番」をまじめに取り上げるつもりだったが、書き終わってみると「オーケストラの少女」の宣伝になってしまった。

  宣伝ついでに申し上げると、ただいま、このDVDは金1000円也で発売されている。
  お買い得ですから是非買い求めてご覧下さい。ご損はありませんよ。

                        [ 2005年8月 音源:MU2000 ]