(演奏時間:5分00秒)


君よ 知るや 南の国 (mp3)
歌劇 「ミニョン」 より

作曲:アンブロァーズ・ト−マ


この曲を初めて聴いたのは昭和21年(1946)であるから、もう60年も昔のことである。昭和21年は太平洋戦争が終わった翌年のことで、米軍機の空襲によって岐阜市の大部分は焼失してしまった。その焼け跡には、まだまだ、燃え残りの廃材で建てたバラックの中で生活をしている人が多くいた。

 私たちの家族は中国から引き揚げてきて、経済的に惨めな生活を送っていた。ちょうどその頃、私の中学校の先輩がポータブルの蓄音機とビクターから昭和11年に発売された「家庭音楽名盤集 第1輯」 を貸してくださった。そのアルバムの中にこの 「ミニョン〜君よ知るや南の国」 とヴェルディの 「椿姫〜幸ありし日」 が入っていたのだ。今のCD音質と比較すると問題にならないほど劣悪な音質であったろうが、当時はそのレコードから流れてくる音楽は天国の歌かと思うばかり、何度も繰り返して聴き入った。殺伐とした敗戦後の日常生活の中で、これらのレコードがどれほど心の安らぎになったことであったか。私がその後クラシック音楽にのめり込むようになったのは、このレコード集に負うところが大であった。しまいには、私の母までが鼻歌でこの 「君よ知るや・・・」 の旋律を口ずさんでいた。

 
旧制富山高等学校に入ってまもなく、この曲の日本語の訳詞を手に入れることができた。訳詞家はかの有名な「堀内敬三」である。この訳詞がまた何ともいえずこの曲の旋律にふさわしい。歌詞の一番は今でも諳んずることができる。その歌詞をここで掲載したいのだが、著作権がまだ存続しているので残念ながら紹介できない。

 この曲をホームページに掲載したいと思い、約10年前から手がけてきたのだが、なかなか思うように進まず、今回やっと掲載する運びとなった。それというのも、MIDI形式ではこの歌の曲想が十分に伝わらないからだ。このほど、私のホームページに掲載している全曲をMP3形式にしたことで、これまでの聴感上の制約が少しは解放された。まだまだ満足とはいえないが、この機会に「君よ知るや南の国」をホームページに掲載することにする。これで私の心の片隅にあった宿願の一つを果たした思いである。

 60年前に「家庭音楽名盤集」をお貸し頂いた旧制岐阜第2中学校の大野先輩に、心からお礼申し上げる。
 本当に有り難うございました。

                   [ 2008年4月8日 音源 :Roland SC-88VL ]