(演奏時間:6分31秒)


Estudiantina (mp3)
(女学生 )

作曲: E. ワルトトイフェル
 
 私の小学校は岐阜県立加納第一小学校といい、岐阜女子師範学校に隣接した付属小学校であった。 従って、年に数ヶ月、先生の卵(教生先生と呼んでいた)が我々の教室に授業実習にきたものだ。

 その女子師範学校と同じ敷地内に、岐阜県立加納高等女学校があった。この女学校は当時としては数少ない、5年教育を行う勉学熱心な女学校であった。この女学校の生徒は、学年ごとに違う髪型をしていたので、我々はそれを見て、彼女は何年生だと見分けることができた。

 当時、中学校や高等女学校には春秋2回、運動会があったように思う。この女学校は運動会になるとこのワルトトイフェルの「女学生」をスピーカーから流して、気勢を上げるのであった。運動会は日曜日に開催されていたように思う。だから女学校のスピーカーからこの曲が風に乗って流れてくると、家族みたいな顔をして見に行ったものだ。かくしていつの間にか、この「女学生」は私の記憶に刷り込まれてしまった。今でもこの曲を聴くと、ブルーマをはいて走っていた女学生達の運動会の興奮が想い出される。

 少年時代の懐かしい想い出の曲である。



 この曲の作曲者「エミール・ワルトトイフェル」はドイツ風の名前であるが、フランス人である。19世紀から20世紀初頭にかけて舞踏音楽家」として名をなした。この曲以外によく演奏される曲には「スケーターワルツ」、「スペイン」、「ダイアモンドの雨」、「シレーヌ」などがあり、曲名を知らなくてもメロディを聴くと、「ああ、あの曲か」と思うような、BGM的に使われる曲である。

                    [ 2004年1月  音源:MU2000 ]