(演奏時間:3分37秒)

天使のセレナーデ (mp3)

作曲:ガエターノ・ブラーガ
Gaetano Braga
 
  余り聞く機会もないこのメロディーを、私はいつ頃覚えたのだろうか。優しく美しいこのメロディーは私の脳裏に殆ど潜在的に微かに覚えているだけで、曲名や作者は知らず、思い出して口ずさむと言うようなことも全くなかった。

 昭和60年頃であったろうかと思う。あるレコード店へぶらりと立ち寄り、何とはなくレコードを物色していたところ、キングレコードから発売された「トワイライト・セレナーデ」が目に留まった。このレコードはビオラ奏者である「村山勝美」が「アンサンブル/セントポーリア」をバックに10曲のセレナーデを録音したものである。BGM風に聞くのにはよいだろうと思い、2800円
を投じて購入した。

 このレコードのの中に、私が潜在的に記憶していたこのセレナーデが録音されていた。村山のビオラ演奏はアンサンブルの伴奏と相まって、なかなかロマンチックである。そこでこの曲の由来を知りたくなりインターネットで検索したところ、作曲者はイタリーのチェロ奏者「ガエターノ・ブラーガ」、このメロディーは歌曲「ワラキアの伝説」の一部で、夢うつつの中に天使の呼びかけを聞く少女の物語だそうである。
 ブラーガはチェロ奏者としてヨーロッパを始めアメリカまで演奏旅行を続けていたとか、1829年に生まれ1907年に没した。

                      [2010.7月 音源:Roland SC-88VL]