(演奏時間:2分58秒)

狂詩曲 スペイン (mp3)
Rhapsodie "España"

作曲:エマニュエル・シャブリエ
 
 この曲の旋律はかなり古くから聞き覚えていたが、曲名を知ったのは、私がオーストラリアに駐在中に購入した「ムーティ」の
レコード「 Musiques Espagnoles (スペインの音楽集)EMI盤 」の中の1曲としてであった。

 この狂詩曲「スペイン」は、シャブリエがスペインに旅行したときの強い印象を基に、元来ピアノ曲として作曲されたらしい。それを当時の名指揮者「ラムルー」のすすめに従って管弦楽曲に編曲し、1882年、ラムルーの指揮により初演されたのだそうだ。一般にはこのオーケストラ曲の方がよく知られているのではないか。

 この管弦楽曲は、編曲がいかにも色彩的で美しく、フラメンコのように力強いリズムに満ちており、いつの間にかそのリズムに魅せられて身体が自ずと動くような感じがする。ピアノ曲はオーケストラ曲に比して、色彩的な美しさこそ較べるべくもないが、リズムの力強さは変わらない。メロディーの美しさと相俟って、私にとって、一度聞いたら忘れられない曲の一つであった。

 私の手元にあるスペインに関わりのある曲は案外と少なく、スペイン人であるサラサ-テ、ファリャ、ロドリーゴの作品、それにフランス人であるラベルの作曲した「スペイン狂詩曲」などに過ぎない。ファリャはオペラ、バレー音楽、管弦曲その他かなり作曲しているので、機会があれば聞いてみたいものだ。


                      [2012年10月 音源:YAMAHA MU-2000]