(演奏時間:6分35秒)

アンダンテ・カンタービレ  (mp3)
弦楽四重奏 Op.11 第2楽章

ピョートル.チャイコフスキー
 旧制富山高等学校の音楽部は、戦前・戦後を通じて、オーケストラ活動を行っていた唯一の旧制高等学校の部活動であったと思う。

 今と違って、昭和23年頃には指導者について楽器を練習していた学生は殆どおらず、そのオーケストラの実力は今日の水準で比較すれば、おそらく聴くに堪えない演奏であったろう。だが、それでも当時は富山県に存在した唯一のオーケストラであったから、春秋の演奏会には可成りの聴衆がなにがしかの入場料を払って聴きに来てくれたものだ。

 私が入学したときの2年先輩に、大沼という方がおられた。この先輩はなかなかの美声で、特にコーラス活動に熱心であり、演奏会でのコーラス曲の選択、編曲、指揮を大変熱心にやっておられた。

 この先輩が、チャイコフスキーについて殆ど何も知らない私に、チャイコフスキーの交響楽第5番は、まるで洞窟の中でコウモリが飛び回るような、鬼気迫る曲だと語ってくれたことを今でも想い出す。確かにチャイコフスキーの交響曲は、5番に限らず暗く重苦しい悲壮感が感じられるものが多い。

 その様なチャイコフスキーの曲の中で、この「アンダンテ・カンタビーレ」は民謡に題材をとった耳にやさしい曲であったので、学生時代から好きなメロディーの一つであった。だが弦楽四重奏として演奏されると、この作品11番は全体としてやはり暗い曲である。

 私の音楽に対する関心に大きな影響を与えた大沼先輩は、富山高校卒業後、東大法学部に入学したが、大学卒業前後から左翼政治活動に関わり、今では全く消息が分からない。
 音楽に対して繊細な感受性と優れた才能を持った方であっただけに、ご存命であればぜひ再会して音楽談義を重ねたいものだが、果たして希望はかなうものやら。

 ところで我がオーケストラは、昭和22年春の演奏会にチャイコフスキーの「くるみ割り人形」からの「アラビアの踊り」を取りあげた。私はファゴット・パートを演奏して、心臓がのどから飛び出してくるかと思う程、上がってしまったことを覚えている。


                          [ 2003年2月 音源:SC-88 Pro  ]