(演奏時間:5分16秒)

花のワルツ  (mp3)
”くるみ割り人形”より

P.チャイコフスキー


 旧制富山高等学校のクラブである音楽部に在部したことは、私にとって大いなる自慢の一つである。それというのも、日本敗戦翌年の昭和21年に旧制富山高校に音楽部が復活設立され、曲がりなりにもオーケストラ活動が始まった。旧制高等学校でクラブ活動としてオーケストラを持っていたのは、わが富山高等学校だけだったのだ。
 本格的にオーケストラが演奏活動を開始したのは昭和22年からであるのだが、私はその年に入学し喜び勇んで音楽部に入部した。
 
 
入学2年目の春の文化祭に、音楽部はチャイコフスキーの「花のワルツ」を演奏しようと言うことになった。その当時は、誰かが持っていた「くるみ割り人形」のスコアの中から、「花のワルツ」の各パートを部員がそれぞれに五線紙に写譜するのである。コピー機などは勿論なく、幸い楽器店に演奏会用の大きい五線紙あったので、それにせっせとペンで写譜をしたものだ。

 だれが「花のワルツ」を演奏しようと言い出したのか、特に関心もなかったのだが、スコアを見ていると演奏上で特に難しい箇所もないようなので、クラリネットを担当していた私は早速練習を開始した。

 実は写譜している間に気がついたのだが、ハープが曲の始めにかなり長い演奏をするのだ。だが我が音楽部にハープなどあるはずもない。そこで上級生に聞いたところ、藤井先輩がそのパートは俺がピアノで弾くから心配するなと言われた。なるほどと思ってまた暫く練習していたのだが、金管楽器担当の連中が、この曲にはフレンチホルン4本のパートがあるが、我が音楽部にはアルトホルンが1本、バリトンホルンが1本あるだけで、これでフレンチホルン4本の代用などとてもできないと苦情が出た。今の高校音楽部ならフレンチホルンなどあるのが当たり前、演奏できる学生も少なくないのであろうが、敗戦後3年目の日本に、簡単にフレンチホルンを貸してくれるか、応援してくれるような学校はあるはずもなく、結局、「花のワルツ」の演奏はお流れとなり、代わりにモーツアルトの交響曲第40番第3楽章を演奏することとなった。当時の我々の演奏技術では、演奏曲の選定は技術的に皆が演奏できることが最低の条件であり、モーツアルトの第40番全曲を演奏することなど、とても不可能であった。

 私は「花のワルツ」のクラリネットパートが気に入っていたから、この演奏が中止になったのは残念であった。ただ、モーツアルトの交響曲第40番第3楽章は美しいメヌエットであり、クラリネットも重要な旋律を奏でるので、それなりに頑張って演奏会に臨んだように記憶している。

 今になって考えると、「花のワルツ」を演奏しようと主唱したのは、ハープのパートをピアノで弾くと言っていた藤井先輩であったのではないかと思う。というのも、先輩は部員を説得するために、学校のおんぼろピアノでハープのパートを弾いてくれた。だから、私がクラリネットパートを吹く機会を失った以上に、藤井先輩にとってはピアノでハープのパートを弾けなかったことがより残念であったに違いない。

 「花のワルツ」は、旧制富山高等学校音楽部にとって、幻の演奏曲だったのだ。

 その藤井先輩も、学校卒業後お目にかかることもないまま、先年他界された。段々、身の周りが寂しくなる。


                 [ 2013.8月  音源:YAMAHA MU2000 ]