(演奏時間:2分17秒)


口づけ (Il Bacio) (mp3)

作曲ルイージ・アルディーティ  作詞ゴッタルド・アルディギエリ

 この曲を、いつどのような機会に覚えたのか、全く記憶がない。ただ、覚えたのは昭和20年代であろうかと言う気がするのだが、題名や作曲者を知っていたわけでもない。聴く回数も極度に少なかったが、時折、潜在意識の中でメロディが響いていた。

 オーストラリアに仕事で6年間駐在中に、ジョーン・サザランドの「ホーム・スィート・ホーム」というレコードを購入した。この中に彼女が歌う Il Bacio (イル・バチオ) という曲があり、これが私の潜在意識下の曲であることが判ったのだが、しばらくは曲名の「イル・バチオ」という意味がわからず、何と華やかなワルツかなと思う程度であった。

 その後この曲名が「口づけ」であることを知り、唖然とした。この曲の出だしと中間部、そして終わりのフォルティッシモを聴いて、この曲が「口づけ」の曲だと思う人がいるであろうか。むしろ華麗な舞踏会を描く曲と考える方が、この曲の印象に相応しいと思うが、如何であろうか。

 そうなると一体どんな口づけが歌われているのかと、この曲の歌詞が気になりだした。ところがそもそもこの曲のピアノ譜がなかなか見つからなかった。漸くピアノ譜とイタリア語の歌詞を見つけた。できれば英訳歌詞をと考えてずいぶん探したが見つからず、半ば諦めていたのだが、つい最近インターネット上で英語訳を見つけた。

 英語訳の歌詞を読んでみると、これはまた、ずいぶん激しい愛の歌ではないか。この歌詞ならばこの曲が相応しいかもしれない。歌詞は私の趣味ではないが、メロディに想い出があり、忘れがたい。

 オーストラリア出身のコロラチューラ・ソプラノ歌手「ジョーン・サザランド」が歌うと、これが何とも言えずすばらしい愛の歌になる。彼女の澄み切った、絹のような肌触りの声質には、全くうっとりさせられる。
  いずれにしてもこの曲をご存じの方は、相当なイタリア歌曲の通であろう。

  以下に、英語訳と私の拙たない日本語訳を紹介する。



               A Kiss                 口づけ

      If I could only give you a kiss on your lips,   あなたに口づけができるなら
      It would tell you all the delights of love,    愛の歓びが自ずとあなたに伝わるだろう
      Abiding to speak a thousand joys to you!   百千の喜びを語らずとも。
      Ah, thus it would speak to you         私の心臓の鼓動も, ああ、
        along with my heart's palpitations.       愛の歓びと共にあなたに伝わるだろう。

      I don't desire gems or pearls,         宝石も真珠も求めない、
      Nor do I seek others' affections.        他の人の愛情もいらない。
      Your look is my delight,            あなたの眼差しは私の歓び、
      your kiss is my treasure,            あなたの口づけは私の宝、
        Ah! Come ! Do not delay!           ああ、遅れずに来ておくれ。

      Ah, Come, Let us enjoy love's        ああ、来ておくれ、二人して生命の愛に
        life-giving intoxication.             酔いしれようではないか。
      Ah!                    ああ!




 この曲の作曲者「ルイージ・アルディーティ」(1822-1903)はイタリア生まれで、欧米で指揮者・作曲家として活躍した。歌劇や歌曲を多く発表しているが、現在ではこの曲と「語りたまえ」がたまに歌われる程度だ。
  

                      [ 2004年11月 音源:MU2000 ]