(演奏時間:3分06秒)

乙女の祈り  (mp3)

作曲: テクラ・パダジェフスカ
 
 昭和18年4月、私は岐阜県立岐阜第二中学校に入学した。この中学校には専任の音楽教師は在職せず、近くの小学校から音楽の先生が出張授業を行う有様で、音楽室にピアノが1台ある他は 何の楽器もなかった。

 入学早々のある昼休みのこと、ふと気がつくと音楽教室からピアノの音が聞こえる。今日は音楽の授業はないのにと思いながら音楽教室をのぞくと、5年生の上級生がピアノに向かい上半身を幾分後ろにそらせながら演奏しているではないか。

 その頃、私は唱歌以外にピアノの演奏など聴いたことはなかった。ピアノ独奏曲、ピアノ協奏曲とかそうしたものがこの世にあることも知らなかった。そんな無知な私の前で、上級生は颯爽としかも多少得意げに暗譜でピアノを弾いている。
 私はおそるおそるその上級生に「この曲は何ですか」と尋ねた。
  
 「これはな、乙女の祈りだ。」

 その上級生の返事に、私はびっくり仰天。男子しかいない中学校でピアノを弾く生徒がいることも驚きであるが、男女交際を厳しく禁じている当時、平気で「乙女の祈り」を中学校で弾いているその上級生の心臓の強さにもっとびっくり。
 重ねて「そんな曲を弾いて先生に叱られませんか」と上級生に尋ねると、その上級生いわく、

  「なあに、ピアノ曲を知っている先生など、我が校には一人もおらんよ。」

 鍵盤の上を右に左に走る上級生の指使い、右手が低音域でメロディを演奏し、左手は右手の上を超えて高音域で伴奏を弾く。その上級生の格好の良さに、自分もピアノを習いたいと思ったのだが、その夢はとうとう今日まで果たせなかった。
 
 太平洋戦争開始後2年目の、まだ米軍による空襲のなかった、静かなひとときの想い出である。
 かくして、私が初めって知ったピアノ独奏曲という栄誉は、「乙女の祈り」の上に輝いたのである。



 この曲の作曲者「テクラ・バダジェフスカ」はポーランドの女性、1861年に僅か23歳の若さでこの世を去った。その短い人生の中で彼女はサロン風の曲を34曲発表したという。

 この曲は彼女が18歳の時に書いたもので、ある音楽雑誌の付録として発表されると同時に人気を呼び、その当時には100種類以上の楽譜が出版されたそうだ。

                       [ 2001年9月 音源:SC-88Pro ]